メルマガ(無料毎日配信)の登録はこちら

自分の健康に投資をする、と考えてやっていること

おはようございます、京都の若ハゲ税理士ジンノです。

昨年末の人間ドック以来、自分の健康が気になることが増えました。特に体重はコロナ禍もあり家で飲酒する習慣が身についていたので増加の一途。

自分の健康に投資をしてみようか、と考えてやっていることをお伝えします。ひとりで事業をやるからにはやはり向き合ったほうがいいことでもあります。

 

検査・現状把握への投資

なにはなくとも検査が必要だろうと去年の年末に独立して初めて人間ドックを受けてみました。胃カメラも入れて4万円ほど。

 

結果的には見事に検査に引っ掛かってしまいダイエットしましょうというお達しをいただきました。

 

一番意外だったのが自身があった内臓系(食道から胃・十二指腸にかけて)に異常があったことです。

 

今思い返しても去年はよく食べてよく飲んでよく寝て、という生活でしたので太るのも自然の道理でした。

 

まずは人間ドックを受けたのは自分の健康状態を把握するための一歩目です。

 

続いて歯医者も去年から定期的に通うようになりました。最初は歯茎に痛みがあったので受診したのですが久しぶりの歯医者だったので悪いところをひとまず直していく方針です。

 

幸い虫歯はなかったのですが歯医者さんから指摘されたのが「寝てるときに歯ぎしりしてますね」と。

 

イビキはかかず静かに寝ているつもりでしたがどうやら歯ぎしりをしているようで歯が摩耗しはじめてるという指摘がありました。

 

仕事しているときに歯を食いしばって申告書を作っている、という訳でもないのでたぶんやっぱり寝ている時なのでしょう。

 

マウスピース(ナイトガードというそうです)を作ってもらい夜つけて寝るようになりました。このマウスピースがおよそ3万円。

 

その後は定期的な通院となりいまのところ不調な部分は歯に関してはありません。

 

年が明けて半年たったころに「一度脳ドックを受けておいたほうがいい」と知り合いの看護師さんからアドバイスをもらったので先日行ってきました。

 

スマート脳ドックというもので頭頸部のMRIと心肺のCTも一緒にお願いし、およそ3万円ほど。

 

スマート脳ドックはWebで申し込みから問診、所見の確認までできて現地滞在時間は30分というのがアピールポイントで気に入りました。来年また受診しようと考えています。

 

人間ドック、マウスピース、脳ドックでおよそ10万円ですが全然高く感じていない自分がいます。

 

健康にために現在地を確認しようと思うとこれぐらいかかっても自分の意識が変わるなら全然いいと思えたからです。

 

検査に投資をすると自分のことを客観的に見つめるキッカケになります。次はそれをふまえて食事と運動に投資をしていくことになります。

 

食事への投資

食事への投資と言うと大げさに聞こえますが食べるものを変えました。

 

以前は朝からしっかりと白いご飯をたくさん食べていたのですがカロリーを抑えるためにこれをやめることにしました。

 

ご飯をそのままなくすとお腹がもちろん減りますのでスーパーで売っているキャベツの千切りをご飯代わりにしています。

 

朝と昼は白いご飯の代わりにキャベツ、晩ご飯はもともとはおかずのみにしていたのでこれで白いご飯を全く食べない生活となりました。

 

なにが投資かというと白米ってカロリーに対しての価格が野菜よりも低いんです。満腹感を得ようと思えば余計にそうなります。

 

野菜のほうがお米よりも高いので口にするものの一食当たりの単価は上がっています。

 

炭水化物のほうがコスパが高いです、コスパが高いというのは価格に対してカロリーを摂取しやすいことをここでは意味しています。

 

ご飯やパン、麺類を食べる代わりに野菜を食べることになると食費としては上がる傾向です。コスパが悪いですよね。

 

でもダイエットをしようと思うとおカネがかかるものです。

 

摂取カロリーを消費カロリーよりも少なく抑えれば理論的には痩せていくはずですのでそこにおカネをかけるべきかなと感じています。

 

あとはお酒も年明け以後全然飲んでいませんがやはり週末は口寂しさもあります。

 

いまはノンアルコール飲料がたくさん種類がでていますのでそれで済ますようにしています。

 

アルコール飲料にもカロリーがありますがどちらかというとおつまみでカロリーが高いものが多いのでここでも野菜系のものを取り入れるようにしています。

 

ただあまりに節制しすぎて無理をすると続かないので、ちょっとがんばったら続けられるぐらいの負荷になるようにしています。

 

続かないのはもったいないので。そのために食べるものに投資をしているといえます。

 

運動への投資

運動への投資は食事への投資で体重が減ってきたのが一段落したころに開始しています。

 

主にはウェアやシューズの購入ですが運動で一番必要なのはダイエットにおいては時間だと考えています。

 

ダイエットのための運動は有酸素運動がメインになってくるかと思いますが身体が重たい状態だと歩くのにも時間はかかります。

 

無理をすると体を痛めてケガをしてしまう可能性があがりますので無理のない範囲で有酸素運動をしようと思うとどうしても時間がかかるものです。

 

健康になることには時間が必要です。

マラソンを走って一気に体重が減るのであればそうしますがそうもいかないので気が向いたときに運動をする習慣を少しつけるようにしています。

 

朝はやはり運動するにはよくてこれから気温が高くなっていく時期ですので朝の時間は仕事の時間としても貴重ですが運動するにも必要です。

 

こういう時はどう考えるかと言うとより朝早くに起きる、ということも試しています。日の出とともに起きれば朝の時間は増えていく計算にはなります。

 

ただ食事と同じく無理をするとケガをして結果的にモチベーションが下がり継続が困難になります。

 

継続をしていきたいなと考えていることがあればそれを妨げるであろう要因をひとつずつクリアにしていくこと、無理をしないことに気を付けています。

 


まとめ

不健康になるのもひとよりよく食べてよく飲んでしないとなれないのでおカネも時間もかかりますがそれ以上に健康になろうと思うと時間とお金が必要です。

 

年明けからダイエットを通じて自分の健康を考える機会が増えてきましたが巷にはいろんな話がたくさんあり、どれを信じて良いものか迷うことも正直あります。

 

そんなときは、摂取カロリー<消費カロリー、甘いものは減らす、これだけは念頭に置いて、また簡単な話はない、と思うようにしています。まだまだ続いていきます。

 

もし記事を読んで「役に立った!」「おもしろかった!」と感じていただけたなら、とても嬉しいです。

下のリンクを踏んでからお買い物していただくと、ぼくにジュース代ほどが入ります、もっと嬉しい。

※カツラなど目につくやもしれませんが、もし買っていただいたらかぶります。