メルマガ(無料毎日配信)の登録はこちら

ハッキリ聞かれて改めて気がついた5年後の自分とは?

積み上げる

おはようございます、京都のひとり税理士ジンノです。

税理士になってもうすぐ2年。長いようで短いようで、あっという間だったような気がします。先日、今後お仕事のおつきあいが増えていくであろう方とお話しする機会がありました。

その場でハッキリと「5年後どうなっていたいですか?やりたいことはありますか?」と聞かれ、答えに窮した自分がいます。

なんで答えに窮したか。全然考えてなかったからです。反省も込めて考えてみます。

みなさんは5年後の自分を想像できますか?やりたいことはありますか?

 

目標達成後のミッションロス状態、空虚感がある

税理士試験に合格するまでおよそ10年。

税理士登録して、税理士として仕事をし何とか独立したこの1月。

 

税理士試験に合格するハードル、登録するハードル、そして独立するハードル。3つ超えてきて「いま」があります。

 

税理士になるコトも、独立するコトも目標ではありましたが、夢ではなく。大きな目標をいまは達成したところ、という感覚があります。

 

それなりに不安なコトももちろんありますが、独立したいま、楽しく仕事が出来ているのでとても良かったなと思っていました。

そこへきての「5年後の姿と夢」をバシッと聞かれちゃったわけです。

 

売上の目標とかはありますが、この先、自分自身がどんな風に生きていきたいか、というのを改めて突き付けられたわけで。

ハッキリ言ってなんも考えてなかった、というのが正直なところです。

 

達成すべき目標をこなして独立した後、ミッションロス=目標を見失っている状態と言えます。

 

目標を立ててそれに向かって邁進するというのはとてもイイことだと考えていますが、目標が大きければ大きいほど、達成した後の反動が大きいのかもしれません。

次どうしようか、という空虚感があるといえばあります。

 

仕事に対してやる気がないというわけではもちろんなく、改めて他人に聞かれて「この後の人生をどうしていくか、どうしていきたいか考えてなかった」ことに気が付きました。

自分の5年後は想像できないのか、想像したくないのか

おカネと時間に余裕がある程度できたときにやりたいことがありますか?という質問に対して、まったく考えていなかったことに気が付きました。

 

収入という面では上を見ればキリがないですし、ひとりを目指した時点で限界はあるかなと。

 

特に結婚したいとか子どもが欲しいとかそういう感情はなくて、家族に関しては母と暮らしていますから、不自由なく元気でいてくれたらイイなぐらいしか、家族に関する願望は今のところありません。

 

健康については、マラソンを再開したところでぼちぼち減量できているので継続したい。海外のレースに出られるくらい物心両面で充実したいなという思いと、トライアスロンにチャレンジしてみたいという気持ちはあります。

 

また異性からモテたいのかというと、そういうわけでもなく。

 

たくさん本を読んで、行ったことがないトコロに旅行に行ってはみたいです。特に海外旅行には行きたいなと考えています。

 

こう書き出してみるとなんとなくではありますが、やりたいことはあります。ただし具体化されていません。

今の時点では食っていけるかどうかという瀬戸際ではあるので(笑)、5年後を具体的に想像できないということもありますし、また想像したくないのかもしれません。

 

マラソンでいうとゴールを設定せずに走り始めたような感じです。仕事とは別でプライベート、人生のゴールが未設定ということに今更気が付きました。お恥ずかしい。

まとめ

なんかとりとめもなくなってしまいましたが、楽しくやってればいいけどな~ぐらいにしかいまは考えられないのかも。

人生でやりたいこと100のリストというものを書いて実現している方もいらっしゃるようです。

考えすぎずに考えていきます。