ジンノのいまを知れるメルマガの登録はこちら

色んな事がオンラインでもイイわけではなさそう

 

オンラインで満足できるかどうか

 

おはようございます、京都の若ハゲ税理士ジンノです。

新型コロナウィルスの影響で、いろんなことがオンラインに切り替わりつつあります。税理士業においては顧問業務であったり、セミナーにおいてはオンラインセミナーに切り替わったり。

自分がサービスを提供する側としてみると対面→オンラインのようなことがありますが、自分がサービス提供を受ける段階になってこれは対面のほうがいいかも、と感じることもあります。

 

対面じゃなくてもいいかもと感じること

自分の仕事関係からピックアップすると、税理士業における顧問契約での訪問とセミナー業におけるセミナーは対面からオンラインに切り替えているものがあります。

 

最近特に、現場に行って対面でセミナーをするというのが難しい面もあり、セミナーはすべてオンラインに切り替えています。

ただ、自分自身のセミナーの位置づけを考えてみるとオフラインで実際に対面してセミナーをしたほうが交流という意味では深まるのかなと。

 

そこを期待してセミナーの受講をしておられる方もいらっしゃるでしょう。

そうは言っても現状では対面でのセミナーは自分がリスクを持ち込むことも考える必要がありますし、参加者の方も移動とひとつのところに物理的に集まることのリスクを取っていただく必要があるため、当面の間はセミナーはオンライン対応でやっていくつもりです。

 

ただ気持ちとしてはオフラインでの対面セミナーも復活させたいなという気持ちはあります。

 

税理士顧問業における訪問についても物理的・時間的な壁を越えて、よりミーティングがしやすい環境になっています。

資料のお預かりも郵送にして、ご相談もチャットツールやLINE、場合によっては電話を使うこともできます。

 

ただ、相手が望む方法と自分が提供したい方法のギャップがあるとうまくいきません。

こんな時だからこそ会って話をしたいと考える方ももちろんいらっしゃいますので、どこまでお互いに歩み寄れるか、自分自身の線引きをどこにするかは難しいですが考えておく必要があります。

 



オンラインで満足できるか

実生活で考えてみると、もともとオンラインで買い物をすることへの抵抗があまりありません。といってもこれは金額によるものが大きいです。

 

今年に入ってからは生活協同組合を利用しており、タイミングよく加入したので買い物の手間が一つ減っています。オンラインで注文もできますし、自宅に届けてもらえるというのはやはりラクです。

 

日常生活品については、日々のお買い物で購入していて金額を把握しており、また使用経験があるためこれと言って実際に店舗に行かないと、という感覚は薄いかなと。

一方で、例えばパソコンや家電製品など、いままでは使っていなかったものや割と高額なもの(自分の中ではひとつ1万円以上)については実際に手に取ってみたい、触ってみたいなと感じます。

 

最近はオンライン飲み会がとても盛んにおこなわれており時々参加していますが、飲み会はオフライン・対面でのほうが楽しさ倍増かなと感じることも多いです。

 

Zoomを使った飲み会などは特に、誰が何を喋るかのタイミングというのが独特の間合いになったりしますのでコミュニケーションがとりやすいかと聞かれるとそうではないかと。

 

オンラインでの飲み会は自宅で気軽に気の置けない人とやるのが一番で、上司がいたり先輩がいるとしゃべりづらいこともあるのはオンラインでもオフラインでも同じです。

 

美味しいものを食べる、自分が作ったものじゃないモノを食べるというのは意外とストレス発散になっているんだなとこの2か月ほど外食を控えている身として実感しています。

外出・外食をすることの効果は意外とストレス発散で、またそれを自主的に控えているからこそ、ありがたさを感じるのかもしれません。

 

映画を見るということひとつとっても今はオンラインでNetflixやAmazonなどのサービスがありますし、臨場感を自宅で代替する手段はありますが、実際にオンラインでそれを実感できるかというとそうではないでしょう。

 

自分自身が何にどう満足感を感じるかは個性が出る部分ですが、仕事においてもプライベートにおいても、これはオンラインでオフラインでという線引きは今後一層リスク管理の上でも重要性が増してきます。

 

まとめ

自分自身が何でストレス発散をしているのか、この自粛期間中はよく考えることがありました。

スーパーに行ってお買い物をすることがストレス解消になっているひともいれば、映画は自宅で見れる方が良いという方もいらっしゃるでしょう。

いままでとは状況が刻々と変わってきていますので、何におカネを使うかも含めてコロナ後を想像する良い機会かもしれません。

もし記事を読んで「役に立った!」「おもしろかった!」と感じていただけたなら、とても嬉しいです。

下のリンクを踏んでからお買い物していただくと、ぼくにジュース代ほどが入ります、もっと嬉しい。

※カツラなど目につくやもしれませんが、もし買っていただいたらかぶります。