ジンノのいまを知れるメルマガの登録はこちら

ご依頼には波があるもの、と思っておく

営業の波

おはようございます、京都の若ハゲ税理士ジンノです。

独立して1年10ヵ月、もうすぐ2年たつわけですがなんとかかんとかやれています。

 

お仕事が継続的なものもあれば単発のものもあり、この先を読みづらいという部分は確かにあります。ご依頼をいただくと嬉しいですしありがたいと思いますが、一喜一憂しすぎないほうがいいなと。

 

自分でコントロールできない部分はある

一生懸命営業したとします。色んなところで名刺を配って事業のお困りごとや悩みを伺って、色んな人に知ってもらう努力をします。

 

苦手な外回り営業で事務所リーフレットをもって訪問してみます。話を聞いてくれる人もいれば、門前払いのこともあるでしょう。

 

毎日時間をかけてブログ記事を書いてアップします。事務所HPのリニューアルやセミナー告知もコツコツやっていきます。

 

でも、ご依頼が来ない。

 

そんなことがたくさんありました。じゃあそれが全部自分のせいか、というとそういう訳でもないんじゃないかと。

 

魚釣りを想像してみましょう。

おいしそうな餌を垂らしても、魚がいなければ釣れるはずもありませんし、魚がいてもお腹がいっぱいなら食べてはくれません。

 

餌の大きさだって大きい餌だと狙っている小さい魚は食べてはくれません(というか食べれない)し、小さすぎる餌だと狙っていた大きな魚ではなく小さい魚が意図せずして釣れてしまう、そんなことも想像できます。

 

こっちでできることはもちろんやっていくべきですし、改善できる部分があれば行動を変えていくことでブラッシュアップも出来ます。

 

でも魚にお腹を空かせることは難しいことです。運動してきてくださいと言えるわけでもないですし。

 

要は、もし営業活動がうまくいかなくても自分だけのせいじゃないかもしれない、コントロールできない部分はある、と思っておいたほうが精神的にイイんじゃないかと。

 

そうかと思うと意外なところからご依頼が来たりするので不思議です。

 

一喜一憂がもたらすもの

営業活動そのものに対してぼく自身はフラットに捉えています。イヤでも好きでもない、やらなければいけないことのひとつでしかないですが、周りの税理士さんと話をしていると営業活動に対してネガティブな気持ちがある人が多いです。

 

やらなくて済むならいいでしょうが、そういうわけにもいきません。

 

やはりお断りされるとシンドイなぁと思う気持ちはぼくにもありますが、まぁタイミング悪かったかなとその瞬間は思うようにしています。

 

断られることに慣れたいとは思いませんし原因を振り返らないわけではないですが、こんなこともある、と思うしかないですよね。

 

営業活動してお断りされて一日中また一週間、一か月、ネガティブな思考に捉われてしまって引きずってしまっても時間がもったいないです。

 

ネガティブな感情が前に出すぎて営業活動そのものに対して尻込みしてしまったり、行動がが止まってしまったりするとここまでやってきたことが崩れていってしまいます。

 

一喜一憂しすぎずにコツコツと積み重ねていく泥臭さも必要です。

 



営業はコツコツ お願いするところは遠慮なく

一回の告知や営業活動で何かが上手く回り始めた経験がぼくにはありません。営業は継続するしかないと思っていてそのためにできることをひとつずつやっています。

 

コツコツやっておくことで見つけていただく可能性が高くなりますし、タイミングが合う可能性も高くなるのかなと。

 

また最近では自分に出来ないことがあれば遠慮なくお願いするようになりました。例えば事務所HPのイラストや名刺のデザインなどはまさにそうです。

 

以前はおカネがないなりに工夫をしていましたがいまはお願いしたほうがいいものが出来てくるという意識に変わりつつあります。

 

事務所リーフレットもいまはデザイナーさんにお願いしてイロイロと提案してもらいながら順調に進めています。

 

自分でやれることはもちろんやっていけばいいでしょうし、好きなら全然問題ないです。でも、あれやりたいなと思ってから仮に半年たっているのならもう誰かにお願いしたほうが確実に進んでいくでしょう。

 

自分が好きなこと得意なことに時間という貴重なリソースを割くためには誰かにお願いすることも大切です。

 



まとめ

営業活動に本腰を入れて行こうかと思った矢先にご依頼が来ると、やらなくていいかもと自分の中でアクマがささやいてきますが、いやいやコツコツ継続するんでしょと自分に言い聞かせています。

 

ご成約とはまた別の部分で一喜一憂しすぎないように営業活動を継続してく必要がありますね。

 

もし記事を読んで「役に立った!」「おもしろかった!」と感じていただけたなら、とても嬉しいです。

下のリンクを踏んでからお買い物していただくと、ぼくにジュース代ほどが入ります、もっと嬉しい。

※カツラなど目につくやもしれませんが、もし買っていただいたらかぶります。