ジンノのいまを知れるメルマガの登録はこちら

もしどうしても営業がうまくいかないとき

営業の合う合わない

おはようございます、京都の若ハゲ税理士ジンノです。

独立すると自分で営業活動をしていく必要があります。ゼロベースならそれこそイチからですし、引き継ぎ(のれん分け)があったとしても営業が必要なケースもあるでしょう。

税理士にとって営業活動というのは勤めの時はやっていない方が多く、不安を一番感じる部分でもあります。ぼく自身もいまでも営業活動そのものに対して、お客様になっていただけるか、ご依頼いただけるか、不安な気持ちはもちろんあります。

 

何とかここまで独立後やってこれたわけですが、もし自分の営業活動がうまくいかないなと思った時どうするか。考えておいても損はないでしょう。

 

営業活動にも合う合わないがある

独立して以降、いろんな営業活動をコツコツと手を出しているわけですが、合う合わないは間違いなくあります。

 

対面でのコミュニケーションが得意で、外回りアポなし訪問、足で稼ぐ営業活動が自分に合っている!と思う方もいらっしゃいますし、ブログやWebを使って見つけていただく方向性の営業活動が向いている!と感じる方もいます。

 

ぼくはどちらかと聞かれると割と両方というかどっちかだけ、という状態ではないです。去年は割と外に行って顔を売るではないですが知ってもらうように努めていました。

 

ブログや事務所HPでの営業活動は独立前から特にブログについては続けていましたし、事務所HPも独立初日に起ち上げて今も継続しています。

 

どっちかだけやらないといけないわけではないですし、どっちが合うか合わないか、というのはやってみなければ本人にも分からない部分でもあります。

 

そのように考えられるとイロイロと手を出してみるというのも悪くないなと思うわけです。定まらないでしょと言われるかもしれませんが、最初にうちは手数で勝負、試行錯誤してみるようにしています。

 

むしろうまくいかないほうが普通で、全てのことが上手くカチッとハマってお仕事がバンバン来る、なんてことはないと自分を慰めています。営業活動でうまくいかないときは結構凹むこともあるので、思い詰めすぎずに次に一手を考えるようにしたほうがいいですね。

 

どうしても精神的にキツイときは

特にゼロベース、全くお客様がいない状態で独立をすると正直ヒマなわけです。

 

勤めているときにはそれこそたくさんお仕事がある方が多いですが、独立して急に税務のお仕事がなくなると意外と精神的なきつさがあります。

 

自分が社会と隔絶していて必要とされていないんじゃないか、というネガティブな気持ちが湧いてくる方もいるでしょう。ぼくも少しだけそんな風に思ったこともあります。

いきなり仕事が来るわけもなく鬱々としてしまうことがありますがもしそんな期間が長くなりそうなら税理士紹介会社さんとお付き合いすることも考えていました。

 

あまり推奨されない税理士紹介会社ですが、お客様がいなくて売上がないほうがよほどきついです。

例え紹介料が50%取られようとも仕事がある状態のほうが精神衛生上は良い、という方もいらっしゃるでしょうし、苦手な営業活動にずっと取り組むのがしんどく感じる方もいるでしょう。

 

もし誰かが税理士紹介会社とお付き合いしていない、お付き合いしないほうがいいと言っているのを見ても気にしないことです。ヨソはヨソ、ウチはウチです。

苦手なことに一生懸命取り組む美徳をとかく求めがちですが、割り切れるところは割り切ってもいいんじゃなかろうかと。

 

紹介会社を通じて関わることになったお客様によさを感じてもらえれば継続案件になるでしょうし、そのように頑張れると思うのです。

その繰り返しでお客様が増えていくパターンで事務所を大きくした税理士さんをぼくは何人も知っています。

 

自分の営業力を真摯に見直して改善する余地があればいいですし、どうもうまくいかないなと思うのであればシフトチェンジしても誰かにとやかく言われることでもないので遠慮は不要です。

 

もしぼくも今からお客様がどんどん減ってしまって、にっちもさっちもいかなくなったら紹介会社さんとお付き合いすることを他の営業活動への取り組みと同じように考えるでしょう。

 

学ぶだけではなく実践してみる

こと営業についてはそれこそ山ほど書籍が出ています。営業戦略とか営業トークとか、いろんな営業に関する本がでていますが、なぜでしょうか?

 

それはみんなが営業活動について悩みがあるからです。

 

ぼくも去年からたくさん営業の本を手にする機会がありましたが、この営業手法に関する本を読んで一番やってしまいがちなのが、本で満足してしまうことです。

 

本を読むと色んな学びがあるのですが、学んだだけで満足してしまう自分がいます。営業活動には日々苦労している口なのですが理屈・ロジックだけだと決してうまくいきませんし何も得られません。

 

学んだことをどこかで実践する、行動に移してみる、そういう意識がやはり大切で、すべてのことを行動に移すのは難しいかもしれませんが出来そうなことにはトライしてみるようにしています。

 

行動できれば改善するのか撤退するのかという判断も出来ますし、修正や間違いを正していく方向にするのかも決めれますが、読んで満足してしまうと得られたもので頭でっかちになってしまいます。

 

一時期すごく読んでいた営業の本

まとめ

営業活動に関してはぼく自身もいまは試行錯誤の途中です。もうすぐ事務所リーフレットが出来上がるのでそれを使って活動していくことも今からのぼくの課題です。

何となく考えていることもありますが、自由に取り組めるのも独立したもののメリットです。

 

もし記事を読んで「役に立った!」「おもしろかった!」と感じていただけたなら、とても嬉しいです。

下のリンクを踏んでからお買い物していただくと、ぼくにジュース代ほどが入ります、もっと嬉しい。

※カツラなど目につくやもしれませんが、もし買っていただいたらかぶります。