ジンノのいまを知れるメルマガの登録はこちら

税理士試験の受験生へ送るエール!ベストパフォーマンスを出そう!!

go

おはようございます、京都の所属税理士takasago(@co_develop)です。

税理士試験まであとちょうど2週間。

ここからはこんな!?ブログを読んでいる時間はないとおもいますので(笑)

ここらで受験生へエールを送りたいと思います。

 

とにかくベストパフォーマンスを出そう

例えば、自分の実力が100だとします。

いわば戦闘力です。

 

100の戦闘力をもって本番でベストパフォーマンスがだせれば

実力を100出し切れます。

 

計算を考えてみると戦闘力×ベストパフォーマンス力=そのときの実力

という掛け算がポイントです。

 

そして、ベストパフォーマンス力とはズバリ『体調』です!

 

体調が悪いと引き算と考えがちですが、

体調はそのときの戦闘力全体に影響を及ぼします。

 

100の実力があっても、その時の体調が悪いと

100×0.5=50となってしまう。

 

仮に戦闘力が80だとしましょう。

で、体調を万全に整えて、100%を出し切れる状態とします。

すると80×1.0=80となり

体調が悪い戦闘力100よりもパフォーマンスがイイので

80>50となり上回ります。

 

なので体調を万全にする、ここからはそこにも意識をすべきです。

 

体調を万全にするためにぼくがしていたことは、

1ヵ月前からは酒を断つ

2週間前からは生ものは断つ

1週間前からは消化に悪いものは断つ

3日前からは冷たいものは断つ

という身体、主に内臓への気遣いをしていました。

 

あくまで参考としてぼく自身のやっていたことを書きましたが

体調を整える方法は人それぞれです。

辛いモノ食べたら気合が入ってよい、ということであればそれもアリです。

自分なりに探してみてください。

 

さらには、勉強したい気持ちもわかりますがよく寝るということ。

受験専念の方は試験時間の2~3時間前には起きる習慣をつけること。

 

よく寝るためには、昼間少し動いておくとよいので

外は暑いですがぼくはお昼休みに理論をブツブツ言いながら歩いていました。

今年は猛暑過ぎるのでオススメはしませんが

ストレッチだけでもいいので、体を動かしてみましょう。

 

ぼくは受験生時代よく歩きながら理論をそらんじていました。

それも自分で録音した理論音声を聞きながらシャドーイングして。

知らない人がみると完全に怪しい人です(笑)

でも周囲の目は気にしないことです。

 

特に、受験をあきらめたひと、リタイヤしたひとのアドバイスには

耳を傾ける必要はありません。

理由は合格してないからです(笑)

 

あとは精神的なことですが、落ち着いて平常心を保ち

あまりクヨクヨしないことです。

 

過ぎ去ってしまった時間はもう取り戻せません。

であれば、ココからやれることをしっかりとやる、

実力が足りないと思うのであればヤマ当て、予想をやりきる、

そういう戦略も必要です。

感謝の気持ちを忘れずに

ぼくも忘れがちでしたが

ここまでこれたのは自分自身が頑張ったからということと

支えてくれた、サポートしてくれた周囲の人がいたからです。

 

試験当日は平日です。

お勤めの方は、うまく調整して休みをとる必要があります。

受験生がいると家族にも気を使わせている場面があるでしょう。

 

合格することが一番の恩返しですが

しっかりと持てるものを出し切る、ということも恩返しのひとつです。

 

税理士試験は長丁場ですし、実際ぼく自身も合格した時には

やっと終わった、という気持ちが強かったです。

 

出題範囲など運に左右される部分もあるでしょうが

とにもかくにも、試験本番に実力を出し切ることで、まずは恩返しとしましょう。

周囲の環境は受験生にとって重要です。

まとめ

泣いても笑ってもあと2週間。

あとどれくらいの時間を勉強に割くことができるか、

現実を受け止めつつ、体調を整えて

ベストパフォーマンスを発揮してほしいと強く願います。

暑いので体調にはくれぐれも注意してください!