ジンノのいまを知れるメルマガの登録はこちら

お盆も休みも自分次第だけど休むのが不安

働き方改革

こんにちは、京都の若ハゲ税理士ジンノです。

先日、当事務所宛にこんな書類が届きました。曰く、働き方改革はじめてますか?と。

税理士事務所だって立派な中小企業だろと個人的には思っているので、働き方改革が税理士事務所を含む中小企業に浸透するか注視しています。

 

キッカケはお盆の時期の過ごし方

ちょうど2週間ほど前、独立してはじめてのお盆だったわけです。

 

雇われ時代は事務所としての夏休みがない事務所だったので、ぼく自身はほぼカレンダー通りでした。

むしろ受験生時代は試験前の休みを取る関係で業務が滞るため、試験明け=お盆は仕事をする期間として認識していました。

 

お客さんもお盆休みだと確かに電話も鳴らないし、受験生じゃない職員(上司含む)などはお盆にまとめて休みを取るのでいつも以上にノビノビと仕事をしていたように思います(笑)

 

それはそれでいいんですけれど、今年は少し様子が違って。自分が休むかどうかを自分で決める必要がありました。

 

ぼく自身は基本的にカレンダー通りで仕事をしたいと考えている(今のところ土日も普通に仕事しちゃっている自分がいますが)ので、今年もカレンダー通り。(のつもり)

 

お盆明けにいろんな方に合うと、お盆休み取れましたかというお話に当然なりがちで、今年は特に働き方改革の影響もあり、ぼくの周囲では比較的しっかり休む方が多かったのかなと。

 

中には有給休暇をしっかりとらないと会社に怒られるんですという営業担当者もいて、なんかそれも変な話だなと思ったり。

有給取るために残業したり業務が滞るならもはやそれは本末転倒です。

 

仕事してましたよって言うと言葉にはしませんが「え!?なんか大変ですね」というのが顔にありありとでていて面白かったです。

 

もちろん仕事のし過ぎで体調が悪くなるとそれは良くないんでしょうけど、「働き者は不幸だ」という雰囲気を少し感じてしまったのでそこに違和感がありました。

 

独立すると休み方も自由

雇われていると確かに自由に休みを取ることはしにくい場面もあるでしょう。でも本人が働きたいなら別にイイよなと。

 

というか思う存分働きたいから独立しているのも一理あって、雇われている状態と独立している状態では全く意味合いが異なります。

 

自分自身に返ってくる利益=リターンもそうですが、時間の使い方、経験の仕方、それを次の仕事に活かす方法など独立していると感じることは全く異なります。

 

それは責任の重さが自分自身に降りかかっているからで同じ無限責任なら社員税理士じゃなくて独立するほうがぼくにとってはまだいいかなと。(したい仕事にもよるかとは思いますが)

 

独立すると申告書を作ってお客さんの対応をするだけが仕事ではなくなります。

経費の支払い管理、請求管理、郵送などいわゆる付随業務を自分でやる必要があります。特に一人であればそうでしょう。

 

ぼくの場合はブログもメルマガも毎日やっているので確かに時間的制約もあるのですが、まぁ好きでやっているのでイイかなと。(そう思う反面大変な時もありますが(笑))

 

死ぬまでとは言いませんが、細く長く仕事を続けていきたいという思いがありますので、ぼちぼちやっていきます。

 

朝早く起きて午前中に税務をやり午後からひとに会ったりすることをスタイルとして目指したいのですが、まだまだ実現できていない部分もあるので今後の課題ですね。

 

ただ、独立するとこのへんはホントに自由なので、自分に合うスタイルを目指していけばいいかなと。

 

一方で休みを取るのを不安に感じる自分がいます。

それはそのまま売り上げに直結するからでもあって、働き方も自由だけど休み方の自由度をここまでは体験できていません。

 

休み方も試行錯誤していきたいと考えています。

 

それゆえに10月はあちこち行くことに決めていて、日々のルーティンが決まっているのはいいんですが、毎週・毎曜日の決まった時間に決まった場所に行く、という縛りがあると休み方を自由に設定するのはやはりなかなか難しいのかなと。

 

よもやそこに一番ストレスを感じるとは思っていませんでした(笑)(メルマガを読んでいただいている方は何の話かよく分かると思います。)

 

まあこれも9月までなので何とかしのぎたいなと。

まとめ

休まないと損、というのは確かに雇われていると感じることがあるかもしれません。

でも独立すると、「がっつり休むのが怖い」と思う自分がいて、そう思うぐらいなら仕事しとこうぜと前向きに捉えています(笑)

休み方を自由にしたいとは思いますが休むのが不安というジレンマにさいなまれています。