ジンノのいまを知れるメルマガの登録はこちら

お客さんがどんな状態になりたいかは最初に確認しておきたいという話

合うピースを探すために

おはようございます、京都の若ハゲ税理士ジンノです。

新しくお客様からご依頼をいただいたり、問い合わせがあると、お伺いするようにしていることがあります。それは税理士にお願いすることでご自分がどんな状態になりたいかということです。

スポットのご相談などでは直接こういうことを相談したい方というある意味絞れた形になっているのですが、顧問の場合は少し状況が違うかなと感じています。

具体的にどういうことが考えてみましょう。

 

スポット相談の良さ=求めることが明確

スポット相談は相談したいことが決まっている方しかお申込みがありません。

 

こういうことで困っている、知りたいからお申し込みをいただけるので、あまりぼんやりとした内容の方はいらっしゃいません。

 

例えばフリーランスの方ですと

  • 開業したのでまずどんな届出が必要か
  • 家事按分の考え方、やり方
  • 日々の経理で気を付けること
  • 売上の計上タイミング
  • 節税したほうがよいか
  • 青色専従者給与の考え方と注意点
  • 減価償却がよく分からない
  • 消費税の納税はいつからか
  • 法人成りの適切なタイミングは
  • 事業用口座の管理方法
  • 領収書の切り方
  • 印紙の貼付と消印はどうすればよいか
  • 請求書にハンコは必要か
  • 会計ソフトは何を使ったほうがいいのか
  • クレジットカードは必要か
  • クラウド会計を導入したい

などなど、経理のお話から税務のお話まで多岐にわたります。

いろんなご不安がフリーランス経験年数に応じて違うので、こんなことにニーズがあるんだな不安を感じるんだなと思うこともしばしばです。

 

また税理士さんからのメール相談などでも、相談して回答してをしている間に別の疑問が出てきたりすることもあります。

 

かなり明確にご相談内容が決まっているので、対応する際にも準備ができます。またその場で出てきたご質問にお答えできるかどうか、念のため調べてから改めてご連絡するのか、そういう柔軟性を持たせるように自分自身心掛けています。

 

ご依頼の時点で疑問に感じること、不安に感じることが明確なのはスポット相談の特徴だとぼくは考えています。

お客さんがどういう状態になりたいか、スポット相談の場合は決まっています。では顧問のご相談の時はどうか。

 

顧問業務に何を求めるのか

顧問業務に何を求めるか、ジンノが担当させていただくことでどんな状態になりたいか、このあたりがご依頼をいただいた段階で明確ではない場合もあります。

 

周りの社長が何となく頼んでいるから頼もうかな、先代からの付き合いで頼んでいる、顧問料払ってるけど何もしてくれない、顧問の形態もイロイロですが、こういうお話はホントによく耳にします。

 

例えば税理士に毎月会いたいというご要望があったとき、その先にどんな状態を見据えているのかまで含めてお伺いするように心がけています。

毎月税理士に会いたい理由は何だろうか

2ヵ月・3ヵ月スパンじゃだめか

Zoomじゃダメなのか

こういう疑問がぼくにも浮かんできますが、ストレートに聞くとぎくしゃくする(お客さんに「あれ?この人イヤなのかな?」と思われる)ので、マイルドにお伺いするようにしています。

 

そのうえで、「毎月おカネの報告を受けて不安を少しでも解消したい」とか「事業の相談ができる相手として考えている」とかそういう将来像が引き出せるとよいのかなと。

 

先日、所属しているオンラインサロンの代表の方が「税理士さんは優しい人がイイ、怒らないひとがイイ」とおっしゃっていました。

確かにこれも大事な要素です。

 

クライアントに対して普通に怒る税理士さんいますからね。怒るのとコレはこうしたほうがイイと伝えるのは根本的に違うと考えていますし、ぼくの場合は一旦受け止めてじゃあどうしましょうかという次の話をします。

 

見た目はイカついですが、普段から怒ったりすることないです。とことんクライアントのために親身になりますよ(笑)

パートナーシップといえばそうなりますし、二人三脚で事業をサポートしたいなと考えています。

まとめ

特にご紹介でお仕事の依頼や問い合わせがあると、自分が何を求めるかがどんな将来像かはお客さんにもよく分かっていないことがあります。

そのあたりを適切に質問・ヒアリングすることで成約に結びつけばとてもうれしく思います。

 

昨日の一日一新

年金定期便