メルマガ(無料)の登録はこちら

繁忙期に太るのはなぜか こたえは単純だ

おはようございます、京都の若ハゲ税理士ジンノです。

税理士業界はいま繁忙期まっただ中です。毎年のことなのですが年末前ぐらいから確定申告時期(例年であれば3月15日)まで、三月決算法人の決算対策提案などもあるとそこから5月の申告までが一般的には忙しい時期とされています。

業界内外の方と話をしていてもお忙しい時期に恐縮ですと言われることもしばしばあります。

税理士業界に入っておよそ7年ですが、毎年思うのがこの時期に太るのはなぜだろうか、ということ。

 

繁忙期に太る原因

単純に業務量が増えますのでそれに伴ってデスクワークの時間が増えることが予想されます。つまりジッとしている時間が増えて消費カロリーが減少すると考えます。

 

一般的に消費カロリー<摂取カロリーだと当たり前ですが太ります。それはこちらも重々承知しています。

 

デスクワークをしていると勤めの時はさておき、ひとりでやっておりますと間食し放題なわけです。口さみしいですのでついついお菓子をつまみがちです。いや思い返してみると勤めのときでもお菓子を普通に食べていましたね。

 

もっとすごい言い訳をするとお客様が陣中見舞いで差し入れてくださるわけです。もうこれはありがたく頂戴するしかない笑

 

勤めのときはこれに加えて残業時間中に軽く晩ご飯を食べたりします。そうすると腹は満たされますがやる気は減退することが多かったように思います。とても不思議なことですが。

 

21時や22時に帰宅をしたとしてそこから普通に食事をとったりしますと帰宅前に食べたものが通常と比べて過剰摂取なわけですから摂取カロリーが増えます。

 

さらにさらに、繁忙期というのは気が立っているというか昂っていることが多かったのでそういう気持ちを静めて何も考えずに眠るためにアルコールを摂取します。

そうするとアルコールを摂取するにあたっては何かつまみたくなるのが人情というもので、既に夕方以降、間食をし夕食を食べたにもかかわらずおつまみを口に運びます。

 

繁忙期の夜中に食べるポテチの美味いこと美味いこと。

罪悪感はもちろんありますが仕事で頑張ったご褒美だと自分をごまかし、余計な感情はアルコールで薄めて気絶するように床に就きます。

 

ここまでで立派に太る要素をしっかり網羅していますので食べることでストレスを解消するというか食べるのが普段から好きな人はキケンですね。そうぼくです。

 

太らない対策を地道に

独立してから3回目の確定申告時期に突入しているわけですがおかげさまで今年は太らずに済んでいます。

 

なんでだろうかと考えた時にやはり生活習慣が大きく改善されたからじゃないかなと。

おそくとも17時半には仕事を終えるようにしていますので残業がそもそも少ない(自営業者なので残業という概念がなくなってきましたが)。

 

食事も外に行って食べることもしなくなりましたし、コンビニで買い食いをすることがなくなりました。

後は朝の運動の習慣もよいのかなと。

 

運動単体で痩せようと思うと相当動かないといけませんが、食事を見直すことで相乗効果も生まれてくるでしょう。

 

お腹がいっぱいだと幸せではありますが仕事をする上では眠気を誘ったり、それこそ体重増加の要因になりますので今年は特に気を付けてみています。

 

具体的には糖質をあまり摂取しなくなりました。専らキャベツの千切りばっかり食べていますがなんとかなるものですね。

 

ついでに言うと占い本で今年はよく寝ることみたいなことが書いてあって信用してしまったので最近はよく寝るようになりました。睡眠不足は体重の敵ですね。

 

体重増減をバロメーターにしてみる

去年の年末に人間ドッグを受けてからことさら自分の健康について意識するようになりました。

 

体重もそれから徐々にではありますが減ってきているのですが、体重がどんどん増えている時というのはぼく自身はストレスが過剰な状態と考えています。

 

少なくとも今より太ると健康を著しく害するであろうことは容易に想像できますので年明け以後ダイエットに励んでいます。

体調のバロメーターの役割も果たしてくれていますが、記録は取るもののあまり一喜一憂しないように心がけています。

 

数字だけを追いかけすぎるよりも緩やかに体重が減少していくほうがいいと考えています。

まぁボチボチやっていこうということですね。

 



まとめ

繁忙期は体重が増える要素がてんこもりです。分かっているなら気をつけなさいと言われること必至なので今年から気を付けるようにしています。(遅すぎたかもしれませんが)

コツコツ続けるのは得意なのでコツコツやっていきます。

 

もし記事を読んで「役に立った!」「おもしろかった!」と感じていただけたなら、とても嬉しいです。

下のリンクを踏んでからお買い物していただくと、ぼくにジュース代ほどが入ります、もっと嬉しい。

※カツラなど目につくやもしれませんが、もし買っていただいたらかぶります。