お客様にアンケートをいただく効果

お客様から アンケートをもらう効果

先日、税理士業のお客様にアンケートをご記入いただきました。アンケートをいただく効果について考えてみます。

目次

お客様の想いが分かる

アンケートを取ったきっかけとしてはお客様はどういう想いでご依頼をいただいているのだろうかとふと気になったからです。

独立4年目に入り、ゆっくりとお客様が増えていますが、ご依頼をいただいてその後はどう感じておられるかなと。

ご依頼をいただいて最初のうちは期待度も高いでしょう。その後、ご期待に応えられているかどうなのか。以下のようなことを伺ってみました。

事務所ホームページに掲載してもよいかどうかも含めて確認をしています。

・ご依頼をいただいた経緯

・ご依頼をいただいて実際に対応などはイメージしておられた通り

・一番助かっていると感じる部分

・今後期待していること

・自由記述(ジンノへのご要望など)

アンケートだと紙ベースを思い浮かべるかもしれませんが今回はGoogleフォームでアンケートを作成してメールでご案内しました。

自分に期待されていることがわかる

アンケートをお願いしてみてわかったのは自分が提供することと期待されていることにギャップがないかどうかわかるということです。

特にネットに強いとかweb関係のことをアピールしているわけではなかったのですがお客様からネットで対応してくれるので助かるということを書いていただきました。

確かにお客様とのやり取りはメールやチャットツール、LINEなどを使っていますし、資料の共有もご要望があればDropboxで行っています。

また、クラウド会計ソフトもご希望に合わせて提案、活用しており、この辺りも評価していただいているのだなと。

せっかく評価していただいているのだしもう少しアピールしていこうと考えています。

言いまわるというわけではなく、事務所ホームページに記載するということです。

また、お客様のビジネスを理解するというてんでも期待されていることがわかりました。

特に若い世代のお客様ですとweb関係の事業を営んでいる方が多くいらっしゃいます。

そういった場合にはビジネスの内容的に新しいことが多いので、そういったビジネスについて理解があるかどうかも気にしておられる方が多いです。

その点でいうとwebで営業活動をしていることもあり、お客様から期待されていることを提供できているのかなとアンケートを拝見して感じました。

ほかにもこういった情報を教えてほしいとか、前もって提案してくれるので助かっているということもいただきました。

厳しい意見も受け止める

今回はたまたまいわゆる厳しい意見はありませんでしたもしそのような意見がきたら、真摯に受け止めて改善していく必要があります。

独立する前の勤務時代は良くも悪くも人間関係が複雑でしたし、給与や賞与も上司や所長からの評価がで決まる部分がありました。

ある意味他人から評価される機会が多かったとも言えます。

独立後はどうかというと自分にダメ出ししてくれる人はお客様であっても少なく、自分で自分にダメ出しをしていく必要があります。

こういったことを怠っていると傲慢になってしまうのかなと。

ミスは認めて修正したり改善したり、正直に言うところからスタートですが、自分自身へのダメ出しがネガティブにならないようにしています。

思いつめすぎずに考えて対応していくのがいいかなと。

個人的にはいただいたアンケートで「いつまでも健康で元気でいてください」というのがあって、確かになと。

去年はダイエットで健康に近づいた印象が自分でもありましたが、ひとりでやる以上は自分の健康状態が大きくかかわります。

不摂生をしたり健康を害することを自分でやってしまうとお客様にご迷惑がかかる可能性が勤めているときよりも高いわけです。

自分のためではありますがお客様のためにもなると思って心身の健康維持に勤めていかないとなと改めて考えさせられました。

アンケートが自分のことを振り返る良いきっかけになったとも言えます。

まとめ

セミナーの参加者のかたにはアンケートを定期的にお願いしていますが、継続のお客様にはアンケートをお願いするのは初めてでした。

もしお客様の考えていること、想いを聞いてみたという時には試してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ひとり税理士として独立開業した京都在住の税理士です。ひとり税理士としてチャレンジしていること、考えていることなどを発信していきます。

目次
閉じる