ジンノのいまを知れるメルマガの登録はこちら

忙しくても試験勉強を少しでもやる

学ぶ

jill111 / Pixabay

税理士にとって、繁忙期のなかの繁忙期が始まりました。

お仕事しながら受験している方も多いかと。

 

体力の維持・向上

この時期は寒さと乾燥で風邪がはやります。

風邪だけならまだしもインフルエンザになれば、体力は著しく低下します。

 

仕事を早く終えて、勉強をするならば、

体力の維持・向上は必要です。

 

風邪をひいてしまうと、勉強のみならず仕事にも影響します。

当たり前ですが、休むとその分しわ寄せがきますので、

もとのペースに戻すには体力が落ちたときからさらに上げていかなければならず。

 

風邪をひかない、というのは本当に大事です。

わたしはここ4年風邪らしい風邪を繁忙期には引いていません。

 

よく食べてよく寝る、これが一番です。

手洗いうがいも忘れずに。

当たり前のことですが大事なことなのでお伝えしたいと。

 

メンタルの維持・向上

繁忙期になれば、勉強は後回しになりがちです。

ただ、全くやらないと勉強しようという気持ちが切れてしまいます。

 

わたしの場合は忙しくても、残業が多くても

朝早く起きて勉強をするペースは崩しませんでした。

税理士試験の受験生には早起きをオススメします

 

勉強しないで、繁忙期が過ぎたら一気にエンジンをかけて追い越していく。

そのやり方もありといえばありですが、

わたしの周りにはそのタイプは多くはありませんでした。

 

コツコツと決めたことを少しづつでもやり続けるほうが、

メンタル的な面では維持が出来ると個人的には思います。

 

試験勉強は長い道のりです。

そのなかで勉強の時間を確保することと、確保していても調子に波があることは

理解しておいて損はありません。

 

苦手な分野、得意な分野があると思いますが、

特に苦手な分野をコツコツやるほうがいいです。

やらなくなると一気にやらなくなる、わたしはそのタイプでした。

 

気持ちを維持・向上しようとするならば、

自分で決めた分量を毎日コツコツやり続けることをオススメします。

遅れてもいいので、途切れないように意識しましょう。

 

インプットのやり方も工夫しましょう。

税理士試験のインプット(=理論暗記)

 

まとめ

わたし自身は試験勉強はひとまず終了しました。

でもその分、早く帰りたいという気持ちが薄れ始めていることに

昨日残業しているときにふと気が付きました。

 

あえて新しいことに今、チャレンジすること、

それに時間を割くことも考えたいと思います。