ジンノのいまを知れるメルマガの登録はこちら

毎日ブログを更新し続けて100記事目、節目だがもちろん終わりではない。

100

3dman_eu / Pixabay

本日、ブログが100記事目を迎えたことを

さきほど投稿一覧の投稿数で気が付きました。

節目ですが終わりではないです、もちろんハイ。

 

100m走でもありマラソンでもある

ブログを書き続けてきて、100日目の今日。

思うところは、、、特にないですが(笑)

 

よくまあ続けてこれたな、とは改めて思う次第です。

 

当初はいつまで続けるとか、何記事書くとか、

そんなことは考えず、とにかくやってみよう!から始めました。

 

あるひとのセミナーに参加して、

たくさんの税理士やブロガーのひとの記事を読み、

とにかくやってみるべし、という内容が多かったことに背中を押されました。

 

100記事書けば変わりますと、よくイロイロなサイトで目にしますが、

ここが目標だとブログを書くこと自体が達成されてしまい

ペースが落ちたり、書くのをやめてしまったりにもなるでしょう。

 

なのであえて数には意識してきませんでした。

とにかく毎日続けること、これだけを考えてやってきて

これからも続けていこうと考えています。

 

自分の軸や考え方をアウトプットすることで整理できて、

自分自身が独立したときにわたしのことを知ってもらうひとつのツールとして

継続することで得られるものがあると信じています。

 

ブログを続けること、経営を続けること。

毎日ブログを書くこと、それ自体は瞬発力のいる100m走に近いイメージです。

ただ100m走を毎日つづけて積み重ねて、マラソンを走り切る。

100m走でもあり、マラソンでもあるかと。

 

なにかを続けるために参考にしているひと、イチロー選手

わたしはイチロー選手が好きです。

プロ野球選手として、また人間としてとても尊敬できるひとです。

 

イチロー選手が打ち立てた記録は凄いものばかり。

でも記録だけではなく、彼の発する言葉はもっとわたしの心に響きます。

 

なかでもわたしが特に気に入っているのはこの言葉です。

壁というのは、できる人にしかやってこない。

超えられる可能性がある人にしかやってこない。

だから、壁がある時はチャンスだと思っている。

この言葉、イロイロな場面で似たようなことを聞いたことがありますが、

数々の壁に当たってきて乗り越えてきたイチロー選手だからこその重み、現実味があります。

 

彼の言葉からもうひとつ

夢や目標を達成するには1つしか方法がない。

小さなことを積み重ねること。

自分のできることをとことんやってきたという意識があるかないか。

それを実践してきた自分がいること、継続できたこと、そこに誇りを持つべき。

 

何千回も何万回も打席に立ち続けて、何千本もヒットを打ってきた彼の言葉は

非常に重みがあります、特に「継続すること」に関して。

 

イチロー選手のヒットとわたしのブログを比べるのは非常におこがましいですが、

継続することで得られるモノが分かり、実感できるまで継続していきたいと。

コツコツと積み重ね、その先に何がみえるのか、愉しみですし愉しんでいきます。

 

まとめ

今日は京都マラソンが開催されています。

マラソンも日々の練習をコツコツ続けることで

自分自身の過去の記録を超えられる、そういうスポーツです。

来月にはわたしも、とくしまマラソンに参加してきます。

過去の自分を超えられるでしょうか?