back to the 名古屋。若ハゲ名古屋へ還る

※母に抱かれる34年前のぼく。東山動物園のローランドゴリラ舎のまえにて。

 

おはようございます、京都の若ハゲひとり税理士ジンノです。

昨日は朝から名古屋ノープラン旅。夕方からは植村豪さんの確定申告の繁忙期にあえてオフ会に参加するというミッションがあるだけで他はなーんも決めずに名古屋に乗り込みました。

実は名古屋とは深い?関係がありまして、そのあたりをご紹介しつつ名古屋旅の模様をお伝えします。

 

名古屋とぼく

まずはぼくと名古屋の関係からご説明しましょう。

というのもぼくは実際に生まれたのは大阪府吹田市の産院ですが、両親が名古屋で仕事をしているときにこの世に生を受けています。

 

その後、名古屋にて3年ほど暮らし、東京に居を移すことになりましたので強引に名古屋っ子といえなくもないかな?(笑)

 

母子手帳は名古屋市のものですし、お宮参りも熱田神宮です。記憶はほとんどありませんが、東山動植物園はぼくのお気に入りだったそうです。

 

これまで東京に行くことはあっても名古屋で観光したり、友人と会ったり(3歳で名古屋を離れているのでそもそも友達も知り合い?もいない)ということはありませんでした。

 

今回はよい機会をもらえた、キッカケなのかなと思い、いざ名古屋に乗り込んだわけです。

若ハゲ名古屋に還る

写真がないかなと思い、自宅で探してみるとちゃんと残ってました。あるもんですね。

今は亡き祖母に抱かれるぼく。

 

母とおじ、祖父母とお宮参りの風景の一枚。写真はかなり色あせていますが後ろに見えるのが熱田神宮の本宮です。

 

母に抱かれ東山動物園のローランドゴリラ舎の前にて。右手前にローランドゴリラの文字がうっすら見えるのと右奥にゴリラの下半身が見切れています。分かりにくいですが。

 

さすがに34年ほど前の風景ですから様変わりしているでしょうが、せっかくですからこの場所を訪問してみました。

まずは熱田神宮から。

 

 

柱が同じで面影というかちゃんと熱田神宮なのがよくわかります。

昨日もお宮参りのご家族と何組もすれ違いました。さすがは熱田神宮といったところでしょうか。

 

続いては東山動物園へ。

何となくですが、雰囲気は懐かしいモノを感じました。階段とか、園内の道の様子とか。

風が強くて寒かったですが、日差しにぬくもりがあるのとお昼過ぎてからという時間帯もあってか、動物たちはみな一様にリラックスしていました。

シャバーニという男前ゴリラも見に行きましたがおしりだけしか見えず。。。仕方がないので他の動物の写真を一応アップしておきます。

日なたでねるライオン。こうしてみると完全にネコです。

岩と同化しているサイ。

なぜか地上でアクティブなコアラたち。

 

こんな感じでサッと周り、時間があったので人生初ナゴヤドームにてオープン戦を観戦。

バク転してたけどねドアラ。

 

なんとたまたま根尾選手が出場しました。

あまり野球に詳しくはないですが、スター候補のルーキーとして名前を知っています。

 

昨日はレフト側の外野、中日ファンと阪神ファンが混在するエリアに陣取っていたんですが、根尾選手が惜しくも三振すると、阪神ファンから「そんな甘ないぞ~」とエール?が。

ぼくに言われてんのかなと思いながら、ドームを後にして、いざオフ会へ。

税理士仲間と会えた夜

オフ会は総勢10名参加とぼくの予想以上にお集まりで、普段は照れ屋で引っ込み思案なぼく(ウソばっかり!)ですが、植村さんの人望で皆さんお集りでした。

 

みなさんの特徴を一言で言い表すと、みんなフサフサということ。この時点で完全アウェーです。ぼくは持ち前の明るさと図太さで楽しく過ごすことができました。

 

場所は違えど税理士業界に身を置くものは似たものがあり、これから独立する方、受験生、ひとり税理士の面々とお話する機会が持てて、ぼく自身はとてもリフレッシュすることができました。

 

独立する際の大変だったこと、今の状況、楽しみ、など普段一人で税理士業をしているからか、話題は尽きずあっという間に時間がたって、タイムワープしたかのように高揚した気分で自宅に無事に到着。

 

仕事で出かけるものもちろんいいんでしょうが、プライベート多めの旅というのの良さを再認識したように思います。

 

また機会を作って名古屋、行きたいと思います。

まとめ

SNSではお知り合いでしたが、実際にお目にかかるのは初めての方ばかりでした。

それでもブログをやったりSNSで交流があったりしていたので初対面とは思えぬ親近感を抱かせてもらいました。

ぼくのハゲをいじる許可を昨日の参加者の方は手に入れましたので今後はどしどしイジってくださることでしょう(笑)

植村さんには良い機会をいただき感謝の気持ちでいっぱいです。みなさんとまた飲みに行ける日をハゲみに京都で頑張りたいと思います。

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。