メルマガ(無料)の登録はこちら

気分を変えるために柔軟に入れ替える

こんにちは、京都の若ハゲ税理士ジンノです。

自宅で仕事をしているとある意味ルーティン、決まった流れでの仕事の仕方になりがちです。

効率的ではありますが、一方で自分の気分がいまいち乗ってこない、ということも起こります。

柔軟に仕事の順番や場所を入れ替えてみるようにしています。

 

場所の選択肢

仕事をする場所についてはぼくの場合は自宅、シェアオフィスのオープンデスク、シェアオフィスの会議室、カフェ、近所の公園、近所のイオンモール、レンタル会議室など複数用意しています。

 

場所を変えて仕事がはかどるのかと思うかもしれませんが意外とはかどります。

 

場所が変わると見える景色が違ったりしますしその場所の空気ももちろん変わりますので気分が変わってくるように感じていて、自分がここがいいなと思った場所で仕事がしやすいようにノートパソコンで仕事をしています。

 

できる業務はそれぞれで限られるのですが、それでも場所を変えるメリットはあります。

 

じっと自宅のデスクの前でモニターにかじりついていると気分も滅入りがちです。

 

ましてや業務の内容が煮詰まったものだったりすると余計にそう感じていて、仕事の気分を変えたいなと思ったら場所を変えてみることにしています。

 

仕事の選択肢

税理士業は他人から見える場所でやるというのはNGなので場所によっては仕事の内容が制限されます。

 

自宅は事務所なので何でもできて、シェアオフィスはオープンデスクなのでできることが限られます。カフェも同じくです。

 

オープンな場所でできること、オープンな場所ではできないこと、そういうことを区分けしておくことも仕事の選択肢になり得ます。

 

ぼくで言うと、税理士業、自分の経理、ブログ、事務所ホームページ、セミナー、Webサイトのメンテナンス、税理士業以外のメール対応、こういった風に分けています。

 

オープンな場所でできること、できないことを分けて、オープンな場所でもできる仕事を増やしていくのがおすすめです。

 

ぼくはいまセミナーを自主開催のものをひとつ、外部の講師としてのものをひとつ予定しています。

 

話す内容を整理してアウトプットするのはセミナーの仕事のとても大事な部分ですが、オープンな場所でもできる仕事として位置付けていて、外で視点が変わると自然と頭の中もリフレッシュできています。

 

税理士業だけをする、Webサイト関係のことだけをする、というわけではなく一日の中で組み合わせるのは飽きてしまわないための工夫です。

 

自分の仕事を棚卸してみて自宅以外で出来るものがないか探してみることを日々探りつつやっています。

 

掛け合わせで考える

いわば自営業ですのでどこで何をするかの掛け合わせのバリエーションを考えると気分が乗らない時の対策になります。

 

ぼくの場合で言うと

自宅、シェアオフィスのオープンデスク、シェアオフィスの会議室、カフェ、近所の公園、近所のイオンモール、レンタル会議室

という場所の部分と

 

税理士業、自分の経理、ブログ、事務所ホームページ、セミナー、Webサイトのメンテナンス、税理士業以外のメール対応

という仕事の種類の部分があります。

 

掛け合わせで考えてみると、これはここでできるな、あそこでできるな、となりバリエーションが増えてきます。

 

税理士業の中でも顧問の仕事、スポットの仕事、相続の仕事など区分けできますので少し細分化して自分が乗っている状態にしたいと考えています。

 

乗っている状態に頼らないほうがいいかもしれませんがぼくはその状態のほうが集中して物事が進むので合う方法を模索していきましょう。

 

これは勤めのときもそうでしたが、ひとつだけをずっと続けるのではなく一日の中で自分の業務をうまく組み合わせたり入れ替えたりして飽きないようにしていました。

 

飽きてしまうと集中力が落ちてミスのもとになってしまいますので根元から考えてみましょう。

 


まとめ

考えてみると色んなところで仕事をしているなと。

家の中でもリビングでメルマガやブログを書くこともありますし、外出がある時は合間でサッとメルマガを書くこともあります。

パソコンがあれば仕事の場所を選びませんのでやってみると意外と締切効果などもありはかどるので、飽きの来ない方法を今後も模索していきます。

もし記事を読んで「役に立った!」「おもしろかった!」と感じていただけたなら、とても嬉しいです。

下のリンクを踏んでからお買い物していただくと、ぼくにジュース代ほどが入ります、もっと嬉しい。

※カツラなど目につくやもしれませんが、もし買っていただいたらかぶります。