ジンノのいまを知れるメルマガの登録はこちら

独立に向けて

立ち上がる

thelester / Pixabay

税理士試験に合格して、税理士として仕事を始めると

いろいろな事を考え始めました。

独立についても、考え始めたのは最近です。

 

合格前はどうだったか。

税理士試験に合格したのはちょうど一年前の発表の時でした。

受かった後は登録申請や、登録時研修などバタバタとしていましたが、

最近ようやく自分自身の今後を考えるようになりました。

 

合格前は自分自身がそのあとどうしていくか、全く考えていませんでした。

もちろん独立についてもです。

ある種、資格を取ることが目的になってしまっていましたが、

勉強を始めた当初は、会計を勉強するために目標として資格勉強に取り組んでいました。

 

 

今の事務所は様々な面で他の事務所より進んでいる面もあるのでしょうが、

所詮は所属税理士です。

出来ることと出来ないことがありますし、

業務としてやりたいこと、やってみたいことは出来ません。

 

独立を考え始めたきっかけ

税理士になって、いろいろな本を読むことが出来るようになり、

気になる本を読み漁っていたところ、この本に出会いました。

[amazonjs asin=”4754722388″ locale=”JP” title=”ひとり税理士の仕事術―雇われない・雇わない働き方 仕事も人生も楽しむ税理士”]

 

本を読んだ感想を一言でいうと、

なんだか楽しそうだな、ということでした。

 

この本を読んで、ひとり税理士を実践しておられる井ノ上さんのブログを読むようになり、

自分自身のキャリアを真剣に考え始めました。

 

 

もちろん楽しいだけではないのでしょうが、

大変さに見合うものが得られるのではないかと想像しています。

 

税理士も自然淘汰される時代に

明日、会社が潰れますと言われてもおかしくない時代です。

税理士業界は今後、ますます高齢化も進み

自然淘汰されていく時代にもう片足が入っています。

 

税理士としての仕事の仕方、働き方を変えて

社会に適応していかなければなりません。

 

お客様にとって、選択肢の一つとなれるように

ブラッシュアップしなければなりません。

 

 

お客様とともに発展していけるように、という目標を忘れないよう、

このブログのタイトルを設定しました。

このブログでのアウトプットを通して、

独立に向けて考え方の軸を作っていくつもりです。