ジンノのいまを知れるメルマガの登録はこちら

税務会計の仕事が少ないことへの抵抗感をなくす

仕事の位置付け

おはようございます、京都のひとり税理士ジンノです。

独立して時々、普段何してるんですか?と聞かれることがあります。

もちろん税理士なので税務ですよ!と言いたい自分がいますが、現実問題としてはそうではないです。

実際のところは、仕事の時間を10とすれば税務会計の割合は2とかそんな感じかな、というのがぼくの今の印象です。

税務会計のお仕事が少ないことへの抵抗感をなくす、というのは独立直後は大事かなと。

 

税務会計だけが仕事じゃない

独立していきなり顧問があって、という感じだともちろん日々の仕事の中で税務会計があるかと思います。

 

一方でぼくみたいに顧問がない場合、いわゆるゼロスタートの場合には、税務会計のお仕事はほぼないかなと。

 

自分の経理ぐらいで、それも別に特段ややこしい税務処理があったりするわけじゃないですし、管理会計とかそんなことを導入するべくもありません(笑)

 

独立して4ヵ月チョット。

正直な話をすると、税務会計については勤めているとき、所属税理士時代のほうが当たり前ですが圧倒的に多かったです。

 

所属税理士時代は申告書を作る、税務相談の対応をする、というのがメインで、それは法人個人・相続に関わらず、勤めていると皆さんそうじゃないかなと。

 

組織のマネジメントをしていれば、組織運営もお仕事のひとつでしょうし、事務所の代表者で従業員の方がいる場合には申告書を作る以外のお仕事のほうがむしろ多いかもしれませんね。

 

じゃあぼくが今は普段何をしているかというとやはり営業活動が主です。組織と言ってもひとりでやってますから、やはり注力すべきは営業、というか税務がない(笑)

 

独立前は税務会計のお仕事がメインで、独立後いまのところ税務会計のお仕事がメインじゃない、この状況にモヤモヤすることもありました。

 

何がかというと、税務会計のお仕事を実際にやらないと知識が抜けていったり、また自分の税務会計に関する能力が落ちているんじゃないか、そう思ってしまう自分がいます。

 

そう思ってしまう時点で、フリーランス脳になっていないのかなと思ったり。

 

税理士というよりも経営者、フリーランスとしての立場・仕事にまだまだ慣れていないのかなと。

 

税務会計の知識や能力については勤めているときの蓄積や土台があるのでガンガン抜けていきはしないだろうと思っていますが、やはりこまめに情報収集したりインプットしたりしています。

 

そういった意味で専門誌を読んだり書籍を読む時間が増えています。

 

  • セミナーのお知らせ
  • セミナー一覧はこちら
  • 近日開催予定セミナー
  • 5/25 相続実務セミナー@大阪 (定員5 残席2です!)
  • 6/8   酒税セミナー@名古屋 (定員7 残席2です!)
  • 7/4   相続実務&ブログセミナー@東京 (定員5 満席となりました!)
  • 7/5   相続実務&ブログセミナー@東京 (定員7 残席3です!)
  • セミナーに参加していただいたお客様の声

仕事を取る、お客さんを見つける、見つけてもらう

営業活動についてはリアルとWebとをうまく連動させたいと考えています。

 

特に対面での営業活動が苦手というワケではなくて、出来ることをどんどんやりたいマインドなので比較的人と会うようにしています。

 

だからと言って対面営業の難しさも感じているところですし、何よりも税理士を変えるというのはお客さんにとってかなり勇気がいる、一歩踏み出す必要があるんだろうなというのが独立しての率直な感想です。

 

一方でWebをやっているのはWeb経由で自分のコトを知ってもらっていると、人となりなどの自己紹介部分をWebにやってもらっているという認識でいます。

 

またWebだけの営業だと、SEOの専門的な知識なんかも必要になることがありますし、ぼくにとっては少し心もとないかなと。

 

リアルの営業、対面の営業で名刺をお渡ししておくと一定数の方が興味を持ってこのブログや事務所HPを覗いてくださいます。

そうして印象に残っていく活動を地道にやっている、そんな状況です。

 

税理士さんである以上、税務会計の知識は一定水準以上で、得意な分野は異なるかと思いますが、最後の決め手は人柄なのかなとも思うわけです。

 

印象に残る、という意味では比較的印象に残りやすいようなので(笑)そこはうまく活用していきたいと考えています。

 

能動的に動ける部分もあれば、受動的な部分もあって、そのバランスを自分自身探っている日々です。

 

また、税理士業をやっているからといって税務会計だけが売上が上がる仕事ではないです。

例えばセミナーなどの話す仕事、記事執筆などの書く仕事、あと今はWebサイトの構築(HTML/CSS)などにも興味があるのでチャレンジしていきたいなと。

 

税理士業を柱としつつ、ニーズがある仕事、かけ合わせの効果が得られそうなジャンル・分野にアンテナを張って、身軽に動けるようにしておきたいです。

 

  • セミナーのお知らせ
  • セミナー一覧はこちら
  • 近日開催予定セミナー
  • 5/25 相続実務セミナー@大阪 (定員5 残席2です!)
  • 6/8   酒税セミナー@名古屋 (定員7 残席2です!)
  • 7/4   相続実務&ブログセミナー@東京 (定員5 満席となりました!)
  • 7/5   相続実務&ブログセミナー@東京 (定員7 残席3です!)
  • セミナーに参加していただいたお客様の声

まとめ

この記事↓でも書きましたが税理士だから〇〇という先入観は思っている以上に手ごわいなと思う毎日。

税理士という職業にこだわらない 税理士だから◯◯、ということにこだわらない。

フリーランスという位置づけをもっと意識せなあかんなというのが今の課題でしょうか。