ジンノのいまを知れるメルマガの登録はこちら

独立後いまのところ定休日がない、というハナシ

誰かスイッチを押してくれ

おはようございます、京都の若ハゲ税理士ジンノです。

昨日は土曜日でしたがセミナーを行いました。土曜日のほうが参加しやすいかなと、特にお勤めの方についてはそう思っています。

一方で自分が独立してからお休みの概念があまりなく、正直な話、土日も普通に仕事をしている自分がいます。

定休日が必要かどうか考えてみます。

ブログを仕事と捉えるかどうか

ブログをもしするならここをどう捉えるかで大きく変わると思います。

 

ぼくは自分の仕事のひとつとしてブログを書いていますが、いろんな目的がありますし、自分自身がブログを書くことが好きだからです。

昨日、セミナー後の懇親会でもその話になりまして、自分が好きかどうかと仕事と捉えるかどうかは大事だなと。

 

趣味で書く分には良いんでしょうけれどブログを書くならそこを仕事と捉えないと多分続かないのかなと考えています。

続ける続けないはいろんな理由があるでしょうし、人それぞれだから自分で立ち止まって考えてみればよいと思います。

 

ぼく自身はいまのところ毎日更新していますが、毎日であるがゆえの制約もアリ、今日みたいな日曜日であってもブログを書いています。

 

ぼくは母と暮らしていますが、パートナーや配偶者、お子さんがいたりすると家族との時間に重点を置く日も必要でしょう。

土日であればお子さんの学校がなかったりするでしょうし、パートナーがお勤めであれば土日がお休みだったりするわけです。

 

ひとりで誰も雇わずに仕事をしていればいつ休もうとかまわないわけですが、ブログを毎日更新していて仕事と捉える限り、今日は完全オフ、みたいなことは難しいわけです。

 

そういう日に仕事がだからと言ってブログを書く必要があるかどうか、それを許容してもらえるかどうかはよく考えておく必要があるのかなと。

 

なのでブログについて相談されるときいつも、状況をお伺いして毎日はやめておいたほうがいいかもしれませんねとお伝えすることもよくあります。

 

メルマガの登録はこちらから(毎日21時配信予定)

ゼロスタート税理士の営業力向上委員会

  • セミナーのお知らせ
  • セミナー一覧はこちら
  • 近日開催予定セミナー
  • 8/24 相続実務セミナー@大阪 (定員5満席です!
  • 11/2 相続実務セミナー@沖縄 (定員6残席3
  • セミナーに参加していただいたお客様の声

定休日が欲しいかよく考えてみる

実は昨日、以下のようなtweetをしました。

 

 

すると本当に偶然だったのですが、ラーメン屋から出てきてちょっと歩いたところで前事務所の同僚とばったり遭遇。

彼はぼくと同時期に税理士登録をして、同い年です。

 

そこで少し立ち話をしたのですが、彼は昨日からお休みで梅田から南森町のあたりをぶらぶらして遊ぶ予定だとのこと。

一方ぼくはウーバーイーツみたいなデカいカバンにパソコンやら何やらを詰めて、汗をかきながらラーメンを食べ、今まさにセミナー会場に向かおうとしているところでした。

 

年齢も税理士という資格保有者であることも同じで、もっというと同じ職場で働いていた彼は今も勤め続けていて土曜日が休みでぶらぶらしている。

一方ぼくは今から仕事でセミナーをする。

 

独立して半年以上たったわけですが、状況は全く異なるわけです。

ここでぼくがどう感じたかという、全然うらやましくはないなって(笑)

 

状況として定休日で相手がお休みだとうらやましく感じるのかもしれませんが、ぼくの場合は自分で選んで土曜日にセミナーをし話を聞きに来てくれる人がいるわけです。

それもおカネを払ってぼくの失敗談とか聞きに来てくれて、もっと言うと会いに来てくれているわけです。

 

負け惜しみでもなんでもなく、ぼくは昨日のセミナーだけで言っても誰かに求められている、そう感じることができました。

 

土日休みだったり定休日があったりすると精神的にも安定するのかもしれませんが、ぼく自身は今のところ定休日はいらないかなと。

これが誰かを雇ったりするとそうもいかないのかなと思いますし、ひとりで仕事をすることを選びフリーランスとして仕事をするならば自分がいつどのように休むのかは考えておく必要があります。

 

メルマガの登録はこちらから(毎日21時配信予定)

ゼロスタート税理士の営業力向上委員会

  • セミナーのお知らせ
  • セミナー一覧はこちら
  • 近日開催予定セミナー
  • 8/24 相続実務セミナー@大阪 (定員5満席です!
  • 11/2 相続実務セミナー@沖縄 (定員6残席3
  • セミナーに参加していただいたお客様の声

まとめ

相手が休みで自分が仕事という状況に昨日偶然なりました(笑)

彼を見てもうらやましいなと全く思わなかったのは自分にとっても安心というか、遊びに行くと聞いてもふーんと思っただけでした。

ただ仕事のし過ぎはよくないので程よく休みを入れたいなと思います。