メルマガ(無料毎日配信)の登録はこちら

今年のブログ、事務所ホームページの振り返り

おはようございます、京都の若ハゲ税理士ジンノです。

今年も残すところあと2日です。2020/12/30時点において今年もブログを継続して更新できていますが、ふと今年のブログ・事務所ホームページの振り返りをしておきたくなりました。

来年もお世話になると思うのでしっかりメンテナンスなどもしていきたいです。

 

 

事務所ホームページの更新を多めに

ぼくの場合はこのブログと事務所ホームページの2つの媒体を運営しています。いずれもブログを書くことで蓄積されていき、Webサイトとしての価値をあげたいと考えています。

 

書き分けとしてはこのブログが独立や日々感じることなどフランクな内容を、事務所ホームページは税務会計に関する内容を書くこととしています。

 

今年は今日の時点で、事務所ホームページ 97記事、ブログ 261(今日も含めて)の合計358記事の更新という状況です。

2月のはじめに1週間お休みを頂いたので、358記事+7記事+明日の1記事で366記事という計算です。

 

事務所ホームページのほうは97/358=およそ27%、ブログは261/358=およそ73%です。

 

ちなみに2019年はどうだったかというと、事務所ホームページ67記事、ブログ310記事で合計377記事の更新でした。(2019年のはじめはゼロスタートで全然お仕事がなかったので一日2記事、3記事更新していた時期があり、365記事を超えています)

 

割合でみると事務所ホームページが67/377=約17.8%、ブログが310/377=約82.2%です。

その前の年2018年は365記事全部がブログでした(まだ独立していなかったので事務所ホームページがありません)

 

ブログ事務所HP
2018年100%0%
2019年82.2%17.8%
2020年27.1%72.9%

という推移です。

 

この割合には一応考えていることがありました。

独立した当初の2019年はブログの方はある程度PV数もありましたがブログからお仕事につながるか、営業活動になり得るかがイマイチ自身がなく、事務所ホームページは検索で順位が上がるまでかなり時間がかかるだろうということで対面重視の営業戦略をとっていました。

イメージですが対面3、ネット1ぐらいの感じです。Webでの営業には時間がかかるだろうというのが当初から予想を立てていたので、まずは対面での営業をやってみようと。

 

9月までは異業種交流会などに参加していましたが思うように成果が得られなかった&かなり疲弊したので、11月頃から次の年(2020年)はWebの比率を増やそうと考え事務所ホームページの更新を増やすこととしました。

 

結果論ですが、2020年の春前からコロナウィルスの影響により対面での営業活動にも影響があった(簡単に言うと停滞した)ので、Webでの営業を増やすべく事務所ホームページの記事も自然と増えたという形です。

 

 

継続の効果

いまのところ事務所ホームページとブログを分けて運用している税理士さんはあまり多くないですが、更新頻度も含めて考え方はそれぞれありますので一概には言えません。

 

今年のはじめに1週間記事更新のお休みをもらいはしましたが継続してこれたことの効果は確実に感じています。

 

今のお客様のうち半分以上がWebからのお客様です。スポットは100%ですし、顧問業務はおよそ半分が紹介、半分がWebからのご依頼という内容です。

 

これは2019年の独立初日から事務所ホームページをコツコツと育ててきたことによるものが大きく、またブログのほうも読んでいただくことでご依頼の決め手になっているケースがあります。

 

ぼくは事務所というか自分のスタンスや考え方を事務所ホームページでオープンにしていますし料金表もオープン、顔もオープンにしているので安心感という意味で好意的に感じていただけているようです。

Webで何かを依頼したいと考えた時に考え方も分からない、価格も分からない、顔も分からないではサービス業という面ではかなり難しいと思います。

 

継続することもとても難しいですが自分のペースで決めてやり切るのが一番でしょう。

今後コロナウィルスの影響がどのようにシフトしていくか分からない以上、今年のようにWebの比率を維持できるのであればやっておいて損はないはずです。

 

実際ぼくも来年も継続して今年と同じくらい、もしくはもう少し事務所ホームページのほうの割合を増やすつもりです。

 

下で紹介している本を参考にデジタルマーケティングを再考しています。

一回休んで気が付いたこと

今年の2月に1週間お休みしたことは少し書きましたが改めて振り返っておくと、感想としては「よく戻ってこれたな」というのがまず第一です。

 

家族の緊急事態でしたのでもはや否やはなかったのですが、1週間メルマガもブログもお休みすると決めたとき、「果たして戻ってこれ来れる気力があるだろうか」というのが一番の心配でした。

 

やはりブログもメルマガも自分の生活、仕事においてそれなりのウェートを占めています。それがなくなるので他のことはさておき、負担軽減となりますから、ブログ・メルマガがない状態をラクに感じる自分もいました。

そんなときに戻ってこれるだろうかと考えたのはやはり率直な気持ちで、ぼくの周りにはブログがなかなか続かなくてフェードアウトしていく方が結構いますので見聞きするにつけ、やっぱり楽なんだろうなと思うわけです。

 

ただ、自分の仕事の営業戦略としてブログ・メルマガがかなり定着し習慣として根付いていたので、復帰して2~3日はエネルギーが必要でしたがその後は案外大丈夫でした。

 

大丈夫というのは復帰してからも問題なく継続できそうだなと早い段階で気が付けたことです。比較的長い時間をかけて習慣化して継続ができていたので戻ってこれたんじゃないかと考えています。

 

自分自身にとってブログ・メルマガの更新を継続することの大変さを身に染みて感じましたし、そこから得られたご縁がたくさんあることを考えると、また頑張って続けてみようと思えました。

 

ずーっと更新していてお休みして復帰した経験というのは他の方はおそらくないでしょうし、意図的にやるのは非常に怖い(前述のように継続していることをやめるのは勇気がいります。戻ってこれなくなる可能性がありますので)です。

 

意図的に休んだということではないから戻ってこれたのかもしれませんが。

 



まとめ

振り返ってみると今年はWebからのご依頼が多かったので助かったなと感じています。

来年以降もこの状況が劇的には改善しない可能性もありますので、今からでも遅くないですしWeb、事務所ホームページにご興味があれば手をつけてみましょう。

 

もし記事を読んで「役に立った!」「おもしろかった!」と感じていただけたなら、とても嬉しいです。

下のリンクを踏んでからお買い物していただくと、ぼくにジュース代ほどが入ります、もっと嬉しい。

※カツラなど目につくやもしれませんが、もし買っていただいたらかぶります。