メルマガ(無料毎日配信)の登録はこちら

ブログについてご相談をうけたときに考えていること

おはようございます、京都の若ハゲ税理士ジンノです。

ブログを書いているとき何を考えているんですか?と先日聞かれたりご相談を受けることがあります。

確かに何を考えているんだろうか、と。ブログを書くことに対しての姿勢などアウトプットして整理してみます。

 

書くこと以上に広く考えている

書くという行為はアウトプットです。書く前に自分の頭の中で思い描くことは実際に手を動かして書くことよりも広く考えています。

 

広く考えてはいますがもちろんまとまらないこともあり、ブログを書いているとときどきネタがないなと思うこともあります。

最近やってみたことや聞かれたことなどを引っ張り出してきて自分の感じたことなどをまぶしてブログを書いたり、一旦ブログから離れて考えてみるようにしていますが、これも人それぞれかなと。

 

広く考えたことの中からピックアップして書いていると自分の頭の中では整理が進み、また自分がこんなことを考えていたんだな感じていたんだなと気が付くことが多いです。

 

思考の整理というと大げさですが書くことで頭の中がスッキリする感覚はあります。

 

読まれる記事、読まれない記事

これはこっちで全く分からないことも多いのですが、同じ熱量で、いやもっと言うと熱量高く書いた記事よりもサラッと書いた記事のほうが読まれたりするので不思議です。

 

ブログを書いている人ならではの「あるある」だと思うのですが、一生懸命書いたこの記事よりもこっちの記事のほうが読まれているな、という現象です。

 

書いているときにはもちろん読んでもらえたら嬉しいなと思いながら書いてはいますが、それがどれくらい響くのかは未知数な部分があります。

先日も自分の備忘のつもりで書いた動画の話がとある税理士さんに響いたようで、中断していた動画編集を再開しますというtweetが流れてきました。

量をこなしてみる、楽しんでみる、評価を気にしない

 

だれかの疑問や不安を解消する役目があれば嬉しいものです。ただそれがすべてじゃなくてもいいとぼくは思っています。

自分が書くことで何か整理できたり自分の備忘のためでもいいですし、すべてがすべてクオリティの高い、仕事につながるような営業目的の記事じゃなくてもいいかなと。

 

書いているときはこの記事は読まれるぞー!と意気込むことはなく、読んでくれる人がいればいいなぐらいの軽い気持ちでいます。

これがPV数にとらわれすぎていると書くことがしんどくなってやめてしまうと思うからです。

 

ブログは始めるのも結構たいへんな面がありますが、最も大変なのはやはり続けることです。続けることそのものが目的にならないようにしながら、続けた先に何が見えるのか、感じるのか、そういったことを意識してみましょう。

 

  • セミナーのお知らせ
  • セミナー一覧はこちら
  • 1月30日(土)相続実務セミナー(オンライン)~相続税申告に一歩踏み出す~
  • セミナーに参加していただいたお客様の声

肩ひじはらずにやってみる

ブログについて相談を受けることもありますが、読んだ人が読みやすいようにとは考えていはいるものの、もっと気軽にやってみてはどうかなと。

 

よくあるご相談のひとつに文量が書けないということがあります。ある程度ブログの内容に厚みを持たせたい気持ちはよく分かりますが、自分が目標にしている分量が書けないときはそういうブログの内容・ネタであることも確かです。

 

文量にとらわれずに書いてみて、まずはアップしてみればイイかなと。あとで書き加えたいことがあれば後でいくらでも足せますし。

 

誰かが読んでくれている、楽しみにしてくれている方がいることを想像して一歩踏み出してみては?とお伝えするようにしています。もし誰も読んでくれないと思うのであれば声をかけてもらえばぼくで良ければ読ませていただきます。

 

まとめ

ブログに関するご相談をいただくと自分の時はどうだったかな、自分ならどうするかな、ということを考えますが、あまり深刻にならないようにとは思っていますしお伝えもしています。

合う合わないもありますし無理をする必要はないからです。ただ何かアウトプットすることを習慣にしたいなと思うのであればブログは最適です。

 

もし記事を読んで「役に立った!」「おもしろかった!」と感じていただけたなら、とても嬉しいです。

下のリンクを踏んでからお買い物していただくと、ぼくにジュース代ほどが入ります、もっと嬉しい。

※カツラなど目につくやもしれませんが、もし買っていただいたらかぶります。