メルマガ(無料)の登録はこちら

ブログは積立投資で複利効果もある

おはようございます、京都の若ハゲ税理士ジンノです。

こうしてブログを書いていると書いていない方からするとよくやれますねと言われることがあります。ポジティブな意味もネガティブな意味も含まれていると感じることもしばしば。

というのもやはり時間もかかりますし効果もすぐ出ないですし、オワコン(終わったコンテンツ)などと呼ばれるブログですが、ぼく自身はブログは積立投資で複利の効果があると思っています。だからこそ続けられるのかなと。

 

ブログを積み立てる

ブログはよく資産だと言われることがあります。

ブログ記事そのものをコンテンツとしてコツコツ積み立てることで検索により記事がヒットして読んでいただけるということです。

 

以前漫画家さんとお話する機会があって教えていただいたのですが、電子書籍の同人誌サークルなどは作品数が多くなればなるほど昔のもの(出版年数が古いもの)もよく売れるようになる傾向があるそうです。

 

最新作を読むと昔の作品も読んでみたくなるということのようです。

一方でシリーズもの例えば3部作とかになると第1部が一番売れて、第3部は第1部よりも売れない、という傾向もあるとのことです。不思議な消費者心理というか傾向だなと。

 

ブログにおいても似たようなことが言えます。

ぼく自身は独立についてのことをメインに書いていますがもうずいぶんと前に書いた医療事務に関する記事は月初にはよく読まれるようになります。

 

というのも医療事務の繁忙期はレセプトチェックと提出の関係で毎月10日までだからです。こういった記事も随分前に書きましたがいまだに読んでくださる方がいらっしゃるということです。

 

何気なく書いたことではあったのですが誰かのお役に立てているのであればよかったなと。

こういった経験はブログを継続して積み上げている方だと特に感じやすいと思います。これがTwitterですとなかなかむずかしいです。

 

この記事を読んだ方がひょっとするとほかの記事も読んでくださるかもしれませんし、それはコツコツ積み立ててきたおかげかなと。

 

ぼく自身は積み立てている意識があまりなく、楽しんでブログをコツコツ書いていたのですがあるときふと自分が積立投資を始めた時に似ているなと思った次第です。

 

複利の効果は直接ではなく間接

積立投資をすると複利というキーワードが出てきます。これは利息の利回りのことを指しているのですが、イメージで言うと以下のようなかんじです。

 

100万円を3%の複利の利回りで運用したとすると

1年目終了時:1,030,000円(1,000,000円+1,000,000円×3%)

2年目終了時:1,060,900円(1,030,000円+1,030,000円×3%)

3年目終了時:1,092,727円(1,060,900円+1,060,900円×3%)

といった感じで元手が増えながらそこにも利息がつく、そんな計算になっています。この場合で言うと100万円に1.03をずっと乗じていくことで複利の計算ができます。

 

じゃあブログが複利ってどういうことかというと、いま今日書いた記事ってすぐに反応がある、お仕事につながるわけではないということです。

たとえばぼくはだいぶ以前に税理士試験の間違いノートについてこのブログで書きました。

税理士合格の決め手 間違いノートを作る

 

この記事は地味に人気で継続して地味に読まれていたのですがこの記事を見つけた雑誌の編集者さんからご連絡をいただき、雑誌に記事を執筆、その記事が本にまとまって出版、となりました。

ここまでおよそ記事を書いてから2年半以上経過しています。

 

ブログを積み立てるのにも時間はかかりますがこのように効果が出るまでにも時間は必要です。

でも効果が出るまでに時間がかかっても時間を味方につけることができるというのがこの積立&複利の最大の武器です。

 

100万円の複利の利回り計算でも3万円ずつ毎年増えるものがその増えた3万円にも3%がかけられて増えます。その部分だけで見ると3万円の3%ですから900円です。微々たるものではありますがこれが時間を味方につけるとじわじわと増え広がっていきます。

 

ブログも同じく効果がでるまで個人差はありますが時間がかかるのが常です。

コツコツやっていくことが将来のリターンにつながる、そう考えて取り組んでみてはどうでしょうか?

 

まとめ

ブログを始めた当初は続かないかもとぼくも思ったことはあります。

でも続けないと何事も効果でないよなと思って踏みとどまったことが何度もありますので気長に取り組む姿勢を持ってみてもらえればと。

 

もし記事を読んで「役に立った!」「おもしろかった!」と感じていただけたなら、とても嬉しいです。

下のリンクを踏んでからお買い物していただくと、ぼくにジュース代ほどが入ります、もっと嬉しい。

※カツラなど目につくやもしれませんが、もし買っていただいたらかぶります。