ジンノのいまを知れるメルマガの登録はこちら

今年も今日で最終日、振り返ります。

振り返る

kalhh / Pixabay

今年の11月からブログを始めて今日で年内は最後です。

皆さんは今年はどんな年でしたか?

私自身、振り返ってみます。

 

税理士登録

今年の2月に税理士登録をしました。

足掛け10年の受験期間を昨年のちょうど今頃完了し

年明けに税理士会に必要書類をそろえて提出。

登録審査、登録時面接を経て、無事に税理士証票とバッジをもらいましたが、

さすがに感慨深いものがあります。

 

税理士になって何か大きく変わったのかというと、

仕事の内容自体は、税理士がいなければいけない税務相談業務が増えたくらいで

大きな変更はありません。

 

ただし、私も「先生」と呼ばれるようになりました。

税理士は士業でもあり、ある程度理解はしていましたが、

外向けの仕事を担う機会も増え、お客様や金融機関の方から

先生と呼ばれることが多くなりました。

 

私自身は、先生と呼ばれることに抵抗があり。

まだまだ何も成せていない状態の私が税理士というだけで

信頼されるのは、先輩たちが税理士という仕事の地位を高め、

認知されるように励んできた賜物であると深く感じ入っております。

 

税理士という職業の一端を担うものとして、

責任をもって業務に取り組んでいきたいと考えています。

 

ブログ

今年の11月11月にワードプレスにてブログを始めました。

ブログを始めた大きなきっかけは、あるひとつのセミナーへの参加です。

 

今年に税理士登録した私は、

今後のキャリア・仕事について、春ごろから真面目に考え始めました。

そんな中で、ひとり税理士を提唱している井ノ上陽一さんの著書に出会います。

 

典型的な税理士像しか抱いていなかった私にとって、とても衝撃でした。

税理士としてもっと自由な生き方、仕事の仕方をしていいんだと

背中を押してもらったように思います。

 

井ノ上さんのブログとメルマガを読み始め、

自分自身が今後どうしていきたいのか、さらに考え始めました。

 

さらに秋には井ノ上さんの次の本がでました。

メルマガに登録していた私は、

思い切って出版記念セミナーに参加しました。

 

税理士業界にはまだまだITを活用できる余地が多くあり、

またブログを通して自分自身の考え方、仕事のスタンスをアウトプットすることが

必要であることを強く感じました。

セミナーと懇親会で、井ノ上さんと直接お話しする機会は多くはありませんでしたが、

井ノ上さんのこのメッセージに強く勇気づけられました。

https://www.ex-it-blog.com/-Independence-checkpointより

「お前はもう独立している(北斗の拳風)」

 

セミナーに参加したことと、このブログのメッセージから、

まずは独立に向けてブログを始めることを決意し、

ひとまずブログを書き始めました。

 

まだまだ閲覧数は多くはありませんが、

年内は毎日書き続けることでブログを習慣化することを目標にしていましたので、

何とか達成できたのではないかと考えています。

 

ここからは、閲覧数を増やして、認知してもらう工夫をしていこうと考えています。

昨日はツイッターに登録をして、ブログと連動する設定を行いました。

(ツイッターアカウント @co_develop です。もしよろしければ)

はたしてバズれるのか?(笑)

 

まとめ

仕事納めは一昨日まででした。

休みのあいだには本をたくさん読もうと考えていますが、

一冊目の本からのメッセージが刺さる刺さる(笑)

もうすぐ読み終わりそうなので、またご報告します。

 

みなさん、よいお年を。

来年もよろしくお願いします。