ジンノのいまを知れるメルマガの登録はこちら

ブログを続けて2年がたち、改めて感じること

さあ、次はどこを目指そうか

おはようございます、京都の若ハゲ税理士ジンノです。

今日は2019年11月11日、ぼくが初めてWordPressでブログを立ち上げたのが2017年11月11日。ちょうど2年が経ちます。

もう2年になるかという思いと、まだ2年かという思いがごちゃ混ぜです。2年間毎日続けてきて改めて思うところを整理してみます。

今からブログをやろうと思っている方、興味がある方の参考になれば幸いです。

 

もう2年になるかという思い

ちょうど2年前に始めたこのブログですが、アップされている記事数は688記事。2年たつのに少なくない?と感じたと思います。

 

ぼくもあれ?って思ったんですが事務所HPのほうを忘れていました。今年に入ってから事務所HPの記事かブログ記事かどちらかを更新することにしているので、事務所HPの記事数もチェックすると、事務所HPは51記事。

あわせて688記事+51記事=739記事です。

 

1月は実験的に一日二記事アップをやってみたこともありで739記事です。いまでもはじめてWordPressを触ったときのことを思い出します。

 

始めた当初はココまで続くと思わなかった

毎日更新を当初目標にしていたわけですが、途中で後悔することもたくさんありました。特に大変だったのが雇われ時代の確定申告時期です。

 

当時は帰宅が22時とかはザラにありましたし、よく分からない風習で税理士合格のご祝儀?で譲渡所得税申告もたくさん担当していました。(ご祝儀と言えば聞こえがいいですがインセンティブは残業が増えるだけです)

そうなると普段ブログを書いている時間に仕事をしている状態でしたから、どうやってブログを回していけばいいか試行錯誤しながらやることになります。

 

土日に記事を書き溜めて平日に手直ししてアップするのか、お昼休みにスマホでちょっと書いてみたり、朝早く起きるのを復活させてみたり(受験生時代は朝早く起きて静かな時間に勉強するのを習慣にしていました)、試行錯誤もなるべく楽しもうという気持ちを持つように心がけていました。

 

ご多分に漏れず会計事務所の一般的な繁忙期なわけですが、ブログをしていることを誰にも言っていなかったんです、というか言えなかった。まだまだだなと思うことも多くあって、本当に誰にも言わずに半年ぐらいやっていました。

 

親しい人から批判を受けたりそういうことが怖かったのかもしれません。

でも始めてみると自分にブログが合っているのかなと徐々に思うこともあって、なんとかここまでやってこられました。

いつもご覧いただいている方、ありがとうございます。

 

最初はホントに気軽な気持ちで始めました、時間あるしやってみるかな、という感じです。毎日更新にしたのは現実を知らなかった面があるかもしれません(笑)

 

何かが自分に合っているかどうかってやってみないと分からないこともあるとぼくは考えているので、パッと思いついたらやってみるタイプなのですが、ここまで継続できたことについては自分でも少し驚いています。

 

大変だけれど続けてこれた理由

単純計算でも1記事あたり2時間は平均でかかっていると思います。739記事×2時間ですから1,478時間費やしているわけです。

 

ブログを始めた当初、税理士試験が終わったぼくには時間がありました。税理士試験に全部合格したのが2016年12月。そこから登録準備やらで忙しくしていたのですが大体5月終わりぐらいから、自分のキャリアをどうしようか考え始めたんですね。税理士試験に費やしていた時間がまるまる空いたわけです。

単純に言うとこのまま事務所に居続けるか、転職するか、独立するか。

 

税理士になるというのはある種一つのゴールでもあり、スタートでもあります。

税理士になるという気持ちでもちろん試験を受けていましたし達成感もありました。その一方で資格は取ってからが勝負と言いますが、ぼくの場合は税理士資格を取った後のことを全く考えていませんでした。

取ってから考えたらいいわ、ぐらいの感覚だったと思います。

 

そんななかで独立しようか転職しようか(ブログを始めた段階では自分の次のキャリアは当時勤めていた事務所じゃないかもと考え始めていたので選択肢が2択になっています(笑))という中で始めたのがブログでした。

 

たしかに大変でした。当初はブログを書いたこともなく、HP運営の知識ももちろんなく。SEOについては全く知らない状況でした。

 

でも毎日やることがあってそれも自分が経験したことがないことを自分なりに調べながら続けてこられたのは大きな理由がふたつあります。

ひとつはブログで自分が感じたことや考えていることを書く、というのが意外と自分に合っていて楽しい面もあることに気が付いたこと。

もうひとつは、ブログを継続することももちろん大変だけれど税理士試験の時のほうがもっと大変だったなと感じることが多いからです。

 

いつまでたってもブログを書くのは大変だな、今日は手が進まないなと思うことはあるのですが、それでも続けてこれたのは読んでいていただいている方がいるのを知っているからです。

 

まだ2年かという思い

もう2年たつか、と感じる一方でまだ2年なんだなということも感じます。

 

上には上がいるもので、ずーっとブログを続けてこられた諸先輩方がいらっしゃいます。2年たったからもうやめるか?と聞かれるとまだ続けるつもりです。

 

結果がどう出るか分からないから楽しい面もある

よくいわれるのがそれだけ大変な思いをして何かいいことあるんですか?というもの。対価を得るという意味ではアフィリエイトサイトではないので微々たるものです。

 

このように聞かれるといつもお伝えするのが、収益だけを目的にするならずっと続けることはなかなか難しいかもということです。

 

ぼく自身ももちろん収益があれば嬉しく思いますが目的をそこだけにおいていないので、続けてこられた面があると考えています。

 

自分でこうして書いていてどうなんだと思うかもしれませんが、自分がこれは読まれるだろうと思う記事は読まれず、気軽な気持ちで書いた記事のほうが読まれたり、というのは割とよくあることで。

そういう不確実性をはらんでもいるのがSEOなので、一喜一憂しないようにはしています。

 

何か自分にとってブログを書くことについて目的があればより続けやすいかなと思います。

ぼくの場合は書くことが自分自身のアウトプットの場にもなっていますし、考え方を整理したりする良い機会にもなっています。

 

税務記事もそうかと言われると実はそうで自分自身の備忘の意味もあったりします。

やったことがあれば分かっていただけると思うのですが、税務に関する記事は特に書くのに時間がかかる分、自分の知識としてもものすごく整理されます。

ヘタなこと、間違ったことを書けない分、時間をかけて慎重に調べたりすることが非常に多いので、実はアウトプットでもありインプットでもある状態です。

 

税務記事を書くために自分の知識を深める、ブラッシュアップする、アップデートすると言えば分かりやすいでしょうか。

 

続けることで見える景色も変わる

何でそんなに続けられるんですかと聞かれることもあります。もっと言うと普段暇なんですかという意味合いが込められていることが場合によってはあります(笑)

 

ブログを書く習慣ができて丸2年ですが、当初は書かなきゃいけないという義務感が強かった部分も正直言うとあります。そうなっているときはまだ本当の意味で習慣になっていないのかなと。

 

最近になってようやく、「さてブログ書くか」ぐらいの気持ちになっていて、生活や仕事のひとつとして習慣になっていると感じています。先日も沖縄に行った際にはブログとメルマガを更新し続けていました。

 

方法論としてはイチから書くと時間がやはり相当かかるので、タイトル(仮)とアイキャッチ画像、見出しぐらいまでを書いておいて、その日朝起きたら書くというルールで乗り切りました。

 

続けてこれたおかげで見える景色が少しずつですが変わりつつあります。日々の生活や仕事の中でコレはブログに書こうかなと感じることもありますし、自分でネタを探していることも多いです。

 

今までであれば何気なくサラッと流していたことも、ブログを続けているとコレはどうなんだろうかと感じたり、仕事に対しての感じ方も変わってきたように思います。

 

色んなものに対する感度が変わったというか。

 

まだまだ2年そこそこです。税理士試験は10年かかったことを考えるとまだ道半ばです。どこまでやっていけるのかなと緩やかに考えながらブログを今後も続けていくつもりです。

 

まとめ

ブログを2年続けていると時々読んでますよとお目にかかったかたにおっしゃっていただくことがあります。

誰かのお役に立てることが確認できるたびにもう少し続けていこうかなと思えるものです。

次はどこを目指すのか、年末に向けて考える時間を作っていきます。

 

昨日の一日一新

酒税セミナーのレジュメ作成

1キロリットルは1,000,000ミリリットル、というのを知りました。