ジンノのいまを知れるメルマガの登録はこちら

想定しないご依頼があったときは自分のせいだと考えるほうがラク

シールドを活用

おはようございます、京都の若ハゲ税理士ジンノです。

事務所HPでメニューをオープンにしていますので、お仕事のご依頼をいただくことがあるのですが、自分が全く想定していないお仕事が来ることもあります。

そんなときに「なんでこんな依頼が来るんだ!」と思うよりも「ガードがかけれていなかった自分がマズかった」と思うようにしています。

なぜかというとそのほうがラクだからです。誰かのせいにしたって解決しないので自分自身のガードをあげる、シールドを作るように心がけています。

 

事務所HPは誰でも見られるからこそ

事務所のHPはインターネットにつながっていれば誰でも見ることができます。またいつでも見ることができるので、24時間自分の代わりに営業してくれているようなものです。

 

これがとても良いと感じているので事務所HPも自分で手を入れながらチョコチョコアップデートしています。

 

一方で誰でも見られるからこその注意点もあって、それは自分が想像していない仕事がくることがある、ということです。

ぼくは自分自分の事務所のHPにおいて基本的に税理士紹介会社などの営業で問い合わせが来ないようにしています。

 

お問い合わせのフォームの直前にこのような文言を入れているのでおかげさまでWeb関係から自分が対応したくないなというお問い合わせは来たことがありません。

 

なお、税理士紹介会社、生命保険会社、印刷機器リース、自費出版を含むあらゆる営業・セールスに関するご連絡は一切お断りしております。

このような感じで出しているからこそ、だと考えています。

 

逆にこれぐらい書いておかないと彼らは非常に図太くまた図々しいので遠慮なく営業をかけてきます(笑)

もし事務所HPから変な問い合わせが頻発するということでしたらこの文言で断固お断りスタンスを出しておきましょう。

 

その代わりと言っては何ですが、時々どこでしらべたのか電話がかかってくることがあるのでネットで番号を検索してみて、自分が対応しないと決めている会社などの場合には着信拒否設定にしています。

 

ここまでやる理由はお互いに時間がもったいないと考えているからです。そもそも乗っからないと決めているサービスの営業をされてもお互いに損です。

あなたはよくてもぼくには都合が悪い、と感じてしまうのでガード高めにやっているつもりです。それでも本当に時々、自分じゃなくても大丈夫だろう、という依頼があります。

 

自分のスタンスを出しておく大切さ

独立後、Web系メディアに記事を執筆したり、記事内容の税務チェックについてのお仕事をいただく機会がありました。

 

あるサイトに登録していて忘れたころに時々依頼があるのですが、その依頼が自分のスタンスとしてお客様にやっていないことを記事で書いてほしい、という感じでどうしたもんかなと考えています。

 

例えばですが、税金のことを取り扱う仕事ですのでニーズとして節税に関する話を書いてほしいということが非常に多いです。

でもぼく自身は相続業務においてもお客様に「借り入れして不動産を買って節税しましょう」とか、「副業で損を出して本業の収入にぶつけて節税しましょう」ということはお伝えしていません。

 

適切に申告をして税金を払ったほうがおカネが残ると考えていますし、不動産による節税もキャッシュ面でビックリするぐらいおカネが残らなかったり見通しが甘かったりするので勧めることがありません。

副業で損を出してとかはそもそも論として損を出し続ける事業を続ける意味はあるのかと考えているので、コレもお客様には勧めていません。

 

このように自分がやらないことを記事にして書いてほしいと言われると、自分のスタンスを出し切れてなかったかなと考えるようにしています。

 

無視すればいいじゃないというご指摘をいただくことがありますが、一応対応できませんというお返事をするようにしています。物凄い長文でご連絡をいただくこともあるのですが、それに対してお断りをする自分に罪悪感を感じることは今のところないです。

 

図々しいかもしれませんが(笑)メールの良さかなとおもいます。これが電話だと断りづらいみたいな方もいらっしゃるでしょうし相手もプロの場合には手八丁口八丁で篭絡してくるでしょうから注意しましょう。

喋らないほうがお互いストレスなく対応できることも世の中にはあります。

 

自分はこんなことをやりたいというポジティブな意味でのスタンスの出し方と、こんなことには対応できませんという意味でのスタンスの出し方があるのでうまく使い分けたいなと。

記事にするでもイイですし、メニューの中に入れておくというのもいいでしょう。伝わるように出しておくのが大事ですね。

 

まとめ

自分が想定しない問い合わせがあっても、自分のガードを上げシールドを作ったほうがストレスなくやっていけるんじゃないでしょうか。

誰かのせいにするとその戦いには終わりがないので。(相手は何百人もいますが自分はひとりなので疲弊してしまいます)

 

昨日の一日一新

Amazonプライムビデオでジャック・ライアンシーズン2

シーズン1もかなり面白くてハマったのですが、シーズン2も面白いです。

Amazonオリジナルなので他ではまず見れません。今年ハマったドラマのなかでもオススメの部類に入ります。