ジンノのいまを知れるメルマガの登録はこちら

今から勤務に戻れるか問題を考えてみる。

上手く方向転換できるか

おはようございます、京都の若ハゲ税理士ジンノです。

独立してもうすぐ1年が経つわけですが、やはり去年の今頃は一番不安が大きかったように思います。というのもやはり独立するとき「失敗したらどうしよう」と考えてしまうものです。

お客さんを獲得できなかったら、稼ぐことができなかったら。タラレバの話ではありますが特にお客さんの引継ぎなしでゼロスタートだとそのあたりは強く感じたものです。いまでも感じていますが。

税理士という資格を持っているので、もし最悪の場合はどこでも働けるなということを心の片隅には置いていました。

では実際に戻ることができるか、考えてみましょう。多分無理かなと思う自分がいます(笑)

 

独立して仕事を続ける不安と向き合う

独立する前に不安はなかったんですかと聞かれますが、もちろんありました。そして今でもあります。

 

ある程度いつ頃までは大丈夫かなと思う目安は今のところついていますが、それでもその先を聞かれると不安なものです。

特にぼくの場合はお客さんゼロからでしたので余計にそう感じました。

 

独立するときにある程度お客さんが付いてきてくれるというのはリスク管理の面でも良い面は大きいでしょう。収入が安定しないとやはり人は不安を感じるものです。

 

ただ、多少なりとも借り入れをして、また貯金をして資金的なことを考えつつ独立するわけですので、次第にその不安自体は独立前よりかは薄れている部分はあります。

 

必要最低限の収入はいくらかとか、必要経費や資金繰りはどうかというのは普段からこまめに意識はしています。経理も毎日やっているので現在地の確認による不安の軽減という効果はあります。

 

あとはその不安を仕事へのエネルギーに変えられるか、ということも意識しています。

不安を感じるからこそイロイロやってみる、特に営業面では紹介だけではなく自分でお客さんを取っていけるようにいかにすればよいか、というのを日々感じています。

 

また独立後に感じる喜びという面では、お客さんから自分あてに報酬をいただいたとき。この瞬間というのはやはり嬉しいモノで、その積み重ねなが大事だよなと思っています。

責任の重さというのはどんな職業でも独立すると勤務時代よりも大きくなりますが、それに見合った報酬をいただけるとやはり格別です。

 

 

上手くいかなかった時の選択肢として勤務税理士に戻れるか

独立するときに、もしうまくいかなかったらどうしようとぼくも考えました。

選択肢としていくつか考えたのですが、その中のひとつに勤務税理士に戻る、ということもあります。

 

これは以前に勤めていた事務所、というワケではなく、税理士資格があるからとりあえずどこでも働けるか、という思いがあってのことです。独立している税理士さんであれば一度は考えたことがあるんじゃないでしょうか。

 

先日も税理士さんがいた飲みの席で戻れるかどうか、というお話になったのですが、独立して複数年の方とぼくは、「勤務には戻れないかもしれない」ということで一致しました。(もうお一方は独立したてでしたのであまりその実感(独立してどうこう)がない感じでした)

 

よくよく考えてみると、いまひとりでやっていることもありとても自由です。何時に起きようが、どんな風に仕事をしようが、昼寝をしようが、誰も何も言いません。

 

通勤もなく、仕事の時間を自分で決めることができ、もっというとどんなお客さんとどんな仕事をするか、そういうことも自分で決められる自由が責任の大きさとともに得られています。

いまと同じ状況で働けるところは多分ないよな、そういう意味で勤務に戻るというのは今は考えられないというのが正直なところです。

 

ただ背に腹は代えられぬ、という状況になるやもしれません。その時は勤務税理士ではなく他に仕事を探して休みの日には税理士業として仕事が出来るようなそんな働き方でもイイかなと。

むしろ、独立を経験した税理士が税理士法人なり税理士事務所に戻ることのハードルのほうが高いような気がしています。

 

ぼくがもし誰かを雇うに際してそのような経歴のひとがきたら、たぶん躊躇するだろうなと。であれば、求められるところで、必要とされるところで働くほうが自分にとってはいいかもしれません。

 

ブログを続けられるとか、夜は飲み会に行きたくないとか、いろいろと雇う側からすると注文・リクエストが多いでしょうし。それは我慢してよ、ということかもしれませんが(笑)

 

まとめ

勤務に戻れるかと率直に聞かれると難しいなと。

資格があればって思っていましたが、受け入れる側の立場で考えてみるとムリかもしれないなと書きながら思いました。

仮に税理士事務所に戻ったとしてほとぼりが冷めたらまた辞めます、っていうかもしれませんし。

 

昨日の一日一新

ワイモバイル見学

母がスマホを変えたので付き添いで