ジンノのいまを知れるメルマガの登録はこちら

税理士になる前からの友人知人と仕事をしない

友達と仕事しない

おはようございます、京都の若ハゲ税理士ジンノです。

独立する前からよく聞くのが「独立したら仕事たのむよ」といった感じの友人・知人の発言です。ぼくは友人知人が少ないしそれを気にすることもないのですが、割とこの発言は回りの税理士と話していてもよく聞きます。

 

そしてお友達価格で仕事を受けてしまって「辞めとけばよかった」は耳にしますが、「やっててよかった」はあまり聞きません。友人知人と仕事をしない理由を整理して考えてみます。

 

友人知人には嫌われたくない

ぼくも友人知人から「独立したら仕事頼むよ」と言われたことが何度かあります。独立したことへのご祝儀というつもりだったのかもしれませんが、いまだに連絡がありません、どういうことや。

 

まぁ社交辞令の可能性もありますし元々深い付き合いじゃなければその場の雰囲気でそういうことを言って期待させる人もいますのでサラッと流すに限ります。

 

他のお客様には同じように報酬規程の内容でお仕事をしているのに、友人だからという理由でお友達価格を設定することはそのタイミングはイイとしても後々になって自分のためにならないのではないかなと。

 

仕事の関係から友人知人になる場合もあるでしょうが、友人知人から仕事の関係に発展する際には色んなしがらみがあります。

 

価格というのはその最たるもので、知り合いなんだから安くしてくれよ、というのは誰しも心のどこかで思う可能性はあります。

 

でもコンビニの店員さんが自分の友達だったとして値引きしてもらうことを要求するだろうか、考えてみるとそうはならないよなと。

 

そういう意味で友人としての相性の良さとお仕事相手としての相性の良さは別モノです。ここを混同してしまうととたんに自分の軸がズレていきそうな気がしています。

 

税理士の仕事というのはダメなものはダメというのも仕事のひとつです。例えば経費についてプライベートのモノをねじ込もうとする人が時折いらっしゃいますがダメなものはダメというシーンもあります。

 

この要はダメ出しを友人知人だとしづらくなる可能性というのは多分にあって、誰しも嫌われたくない気持ちが心のどこかであります。

 

言わなければいけないことを言えないその状況をストレスに感じることもあって、友人知人であっても割り切れるのであればいいでしょうけれど、ぼくにはその自信がないです。

 

価格設定の難しさと独立の良さ

独立してから最も難しく感じるのはやはり営業活動と価格設定です。

 

色んな人のWebサイトを参考にしたりメニュー表があれば拝見することも多いですが、結局は自分がどうしたいか。

 

何に価値を感じてもらえるのかどういうことを提供できるのか、どんなことにお困りなのか自分で解決できるのか、何を求められているのか、そういうことをひとつずつ棚卸ししていく必要もあります。

 

またそれを自分のサービスの対価として整理をするか、打ち出すか。価格設定は今までやったことがなかったので特に難しさを感じている部分です。

 

何かモノを売る小売業ではなくサービス業なので余計にそう感じるのかもしれません。

 

以前の勤め先では報酬規程はあるものの適切に運用されておらず、また昔からのお客さんには価格改定をできておらず、なんでこの内容でこの価格なのか誰も説明できない、という状況が多発していました。

 

でも独立してしまうと価格設定さえも自分次第です。

 

ぼくは別に記帳代行がメインでも効率化をとことん追求できれば楽しくなるんじゃないかと思っていますし、コンサル業務をメインにするのもお客様に喜んでいただける機会が増えて楽しそうです。

 

いろんな税理士としての仕事の仕方があるので模索しながら進んでいけたらいいなと。

 

そして自分が設定した価格でお客さんが来なければ見直しをすればいいだけですし、仕事を断ることができるのも独立したあとの良さのひとつです。

 

勤めているといつ何時どんな仕事をするかというのは自分の思うとおりに行かないケースも多いですが、独立してしまうとそこも自分次第です。

 



まとめ

ぼく自身は友人についてはお仕事をご一緒させてもらっていません。元から少ないのもありますが、嫌われたくないと思いますしお友達価格での仕事も嫌だからです。

 

独立するといろんなひとがすり寄ってくるイメージがあったのですが実際ありましたし、どこで線引きするかは決めておいたほうが後々もよいでしょう。

 

もし記事を読んで「役に立った!」「おもしろかった!」と感じていただけたなら、とても嬉しいです。

下のリンクを踏んでからお買い物していただくと、ぼくにジュース代ほどが入ります、もっと嬉しい。

※カツラなど目につくやもしれませんが、もし買っていただいたらかぶります。