ジンノのいまを知れるメルマガの登録はこちら

独立するときボスに怒られた人へ。気にすんな。

冷静に粛々と対応しよう

おはようございます、京都の若ハゲ税理士ジンノです。

つい先日、独立したばかりの税理士さんとお話する機会がありました。そういう時に大体聞くことがありまして、それは「スムーズに辞めれたか」ということ。

ちなみにぼくの場合はどえらい怒られましたし、いまだに前の事務所に行くのは気乗りしません。ついでにいうとTwitterでネタにしたり、ブログに書いたりしてしまいました。

いまから独立しよう、または転職しようと思っている方は怒られても気にしなくてイイよ、ということをお伝えします。

 

なぜ怒られるのか

辞めます、そう伝えた時に遺留されるのは分かります。まだ続けてみないか、希望する部署や業務があれば配慮するとかそういうことなら話し合いになります。

 

でも、ときおりボス=所長先生に怒られた!みたいな人が出現します、ぼくも含めてですが(笑)怒られるとさすがに「なんで怒られなあかんねん」とは思います。

 

先日、某南の国の税理士さんとお話した時もまさにこんなお話がでて、私も怒られました的話が耳に入ってきました。遠慮してハッキリとおっしゃられなかったんですが、たぶん結構イヤなこと言われたなと、怒られ先輩としてピンときました(笑)

 

その場でも「なんで怒るの?」と所長先生が何人もいらっしゃったので不思議に感じておられたようですが、独立します辞めますといって「おう構わんよ!」という所長先生のほうが少ないような気はします。

 

確かに、手塩にかけて育ててきて税理士に無事になって一人前になり、いよいよ事務所として次のステージへ、とか考えているときに急に辞めますと言われたら頭にも来るのかなと。

けど税理士を雇う、所属税理士がいるってそういうことなんです。

 

もっというと税理士事務所は所属税理士のキャリアプランを全く考えていないことが往々にしてあります。個人事務所ならなおさらです。

ぼくの場合も税理士になったらゴールみたいな雰囲気が流れていましたが、次のことも考えたくなるのが普通ですし、自分のキャリアや生き方を考えるのに試験勉強に当てていた時間は次のことを考えるのに十分です。

 

いきなり辞めますと兆候もなく言うとやはり相手もビックリしますので、ジャブから始める、そして直接言うというのが大事かなと。

内容としては税理士になって今後のことを考えてます、みたいな感じでよいと思います。ぼくの場合はストレートを繰り出してカウンターパンチを食らいましたので。

 

そのあたりはこちらの記事に詳しいです。こちらの記事は時々熱烈に読んでおられる方がいるので、参考になれば幸いです。

yeah!結果は△、プロセスは◎、退職という仕事。

 

怒られても気にしない技術

怒られたりイヤなことを言う人は一定数います。それが仕事に関することであれば逃げ場がないと思うかもしれませんが、一番いいのはやはり気にしないことです。

 

ぼくの場合は消化するためにTwitterでつぶやいたり、前述のようにブログに書いたりしました。良しあしあると思いますが、ぼく自身は書けたことで自分の気持ちを整理できたと考えています。

 

気にしない技術というのは結構大事で、ぼくはこの本をとても参考にしました。

created by Rinker
¥1,210 (2019/11/15 13:27:48時点 Amazon調べ-詳細)

相手の気持ちを変えることは難しいですが自分の気持ちは変えられる、自信がなくてもなんとかやってこられた、そう思えるとずいぶんと気持ちがラクになります。気にしない技術がイラストで分かりやすくなっていますので、ぜひ手に取ってみてください。

 

独立するつもりなら独立後の準備を粛々と進めるのがおすすめです。独立のための準備ってそれなりに大変な部分もあります。

 

自分自身が初めての独立開業する場合が圧倒的に多いですし、創業融資のサポートなんかをやったことがあると自分は大丈夫だと高をくくっていることがあります。(ぼくの話です(笑))

自分のことですから丁寧にやりたいですし、時間がかけられるなら準備したほうがよいでしょう。

 

お勤め先の仕事と一緒に、独立前の時間を有効に使って準備を進めると集中できますからイヤなことも忘れられるのかなと。

こうしている間もイヤなこと言った相手の人はパフェを食べたり、ラグビーの決勝戦を見に行ったり、お酒を昼間から飲んだりしているかもしれませんよ?

気にするだけ無駄ですから、粛々と冷静に進めていきましょう。

 

まとめ

どこに行っても同じような話(辞めるときに怒られた系)は聞くのですが、退職という仕事を粛々とこなせるようになりたいものです。

そんなことなかったよ、という諸先輩方が正直うらやましいです(笑)

 

昨日の一日一新

首里城の見学(守礼門まで)